*All archives* |  *Admin*

2008/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健康はお金では買えない? -- You Cannot Buy Health with Money?
「健康はお金では買えない」と言われたものだ。どんなに金があっても病気になるわけだから金持ちを妬んでみてもしょうがないよ、程度の意味だろう。だが、「ある程度の金がなければ健康に暮らせない」世の中になってしまった。「良いものをより安く皆様へ」から「なんだって安けりゃ皆買って儲かるからそれでよし」へ。食品偽装、添加物、加工食品、農薬、遺伝子組換。まぁ根っこは皆同じなわけで。

有機野菜、牧草牛、地鶏、天然魚、同じ食品でも5割増、倍は当たり前。並んでいれば安い方を...となるのが庶民の切なさである。人生に優先順位付けて健康、そのための食事、とやってエンゲル係数が上がるのも何ですね。

英語のFitness系のメールマガジンで「太っているほど銀行に金がないという調査結果がある。だからFitnessに精を出して金を貯めよう」という記事が配信されたことがある。原典を当たったら「低収入の家庭においては加工食品やファストフード以外に選択肢がなくそれが肥満につながっている、肥満問題は格差問題でもある」ということで、脳ミソ筋肉トレーナーは死んでしまえ、という感じであった。

結論の出るような話ではなく。なんにせよさほど労せずケトルベルを振ることができることは幸せといえよう。感謝。



Off.



"You cannot buy healty with money." used to say. It means no matter how much money you have, you may be sick, so do not envey the rich. However, the world has changed; we cannot live healty without certain amout of money.

From "good things, low prices, to everyone" to "cheep anyway, sold well, more profit".
Fake labels, tainted foods, addtives, processed foods, pesticides, genetic engineering. They all come from the same place.

Organic veggies, grass-fed beef, free-range chicken, natural fishes, ... Looking same foods' prices cost 50% higher or double. The average tend to pick up the cheep; that's reality. Can you prioritize helth and food as the top and sacrifice other interests?

I the other day received an article of ezine by a US fitness trainer saying "An interesting research shows the more obese, the less money in bank. So fit yourself and save money!" I checked the source and found out follows. "Household with low income cannot afford but high-processed foods and fast foods, which cause the obesity. The obesity problem is the matter of income gap issue in a way." The mascle-head trainer should go to hell.

No conclusion... Anyway, we are lucky to swing kettlebells without big difficulties. Thanks.
スポンサーサイト
鉄人~ボクには無理です -- Ironman... Impossible to Me
日本に行った時に話題のIronman 10月号を手にしてみた。7月のワークショップの記事が載っているという。目次から探すようなタイプではないので、最初からパラパラ。パラパラ。ウゲゲ。だんだん気持ち悪くなってきた。確かにスゴイ筋肉なんですが、ごめんなさい。僕には無理です。ようやく最後の方にワークショップ記事発見。すでに肉アタリのためにしっかりと読めませんでした(立ち読みでしっかり読むなともいうが)。集合写真も載っていましたが、買えず。

ちなみに、「ぼくにはムリです」は下の息子が4年生の時にテストの答案に書いた我が家の名文句の一つ。感動しました。大笑いしてしまい怒る気が失せた。

新種目。スーツケース&アタッシュケース片足デッドリフト。
単に同じ重さのケトルベルを持っていないだけです(笑)。でもスーツケースよりは負荷を重くできるし、同重量二つよりもバランスのトレーニングになるかも。
片足デッドはバーベルデッドリフトと違いゆっくりと下ろしても問題ないようですので、自宅でもタオルを床に引く程度でできるのも良いですね。



Mroning, Sep 28, 2008
Still dark at 06:15 in Seoul.

24-kg KB Double Handed Swing: 50 - 50
16-kg KB Double Handed Swing: 50 - 50 - 50 - 50
Uneven 24-16-kg KB Single-legged Dead Lift: L/R - 6/6 - 6/6 - 6/6
(Suitcase & Atache Single-legged DL)
New Item (?!): Place 24kg and 16kg on the left side and right side floor. Do one rep with the left leg and place the KBs back. Turn 180 degrees and do another with the same leg. 6 reps per one leg. Change the legs. Can increase lord than Suitcase DL. Better for balance than even bells.

Windmill (16kg for the lower and 8kg for the higher) L/R - 5/5

Even 8kg over head gave some pains to the left elbow. Shoot.



I checked October issue of Ironman Japan, which was a hot topic among KB bloggers because the workship in July is introduced. I am not a type to search articles from index, so I start browsing from page one. Browse, browse, ... Oh, no. I was getting sick. Yes, they are so muscular, I admire their efforts, however, sorry, it is impossible to me. Finally, in the last part of the book, I found the workshop article. But I was not able to focus on it due to muscle sick. Interested in the photos, but I did not buy.

"Sorry, it is imposslble to me" is a quotable quote in my family, which my yonger son wrote on his test paper at his Grade 4. That impressed me a lot.
赤い奴に気をつけろ! -- Cautious to Red One
先日のワークショップ、主に16kgのロシアンレッドをお借りしていろいろやらせていただいた。7月のWSもロシアンレッドだったが、その時は初めてケトルベルに触ったので感想もどうもこうもない。今回はしばらくマイロシアンブラックに慣れてからなのでその違いがはっきりと。

ブラックは粗いサンドブラスト加工の上に粉体塗料でも使っているのか、表面がでこぼこしていてザラついている。一方、レッドは表面ツルツル。ツルツルだから滑りやすいかというとさにあらず。スナッチの時、頭上で掌の下の方で受けているものをボトムに向けて指方向へ滑らせたいのだが、ぴったりくっついて離れない。ガラスを濡らして2枚合わせたようなものか。GSスタイルスナッチの時には中途半端に滑らすと一番皮が剥けそうな所に負荷がかかる感じだったので、逆に思いきり掌で握りこんで最後までしのいだが、相当握力が疲弊。

そんなわけで、素手派の人はレッドを買う前にワークショップに参加して試させてもらってからの方がいいと思います。トライアルのローレット加工が不評ですがFitness Shopでスナッチさせてもらった感じからすると、そちらの方がスナッチに関してはまだやりやすいのではないかと。人それぞれとは思いますが、ケンさんも摩擦が強くやりにくい、と言ってました。



Morning, Sep 27, 2008
16-kg KB DARC Swing: 100
24-kg KB Double-handed Swing: 50 - 20
16-kg KB Double-handed Swing: 50



I mainly used a 16-kg kettlbebell of so-called Russian Red from RKC at the workshop a week ago. I also used the same one when I joined the workshop in July. Since that was my first touch to a kettlbell when I was at the first workshop, I had no way to compare. The later workshop was held after my some trainings after my experiance with my Russian Black RKC, so I can describe the difference clearly now.

The finish of the Black Russian seems with powder paint coat after rough sand blast, so the surface is rough and textured. On the other hand, the surface of the Russian Red is smooth. The smooth surface make it slippery? Actually, no. If you put a little water between two sheet of glass, it will stick as one sheet, and something similar happened to the Russian Red and the palm. Especially, the handle did not roll in my hand when I tried GS Style Snatches despite my wish. If I tried to slid and roll from the palm (the top position) to the finger (the bottom position), I felt my palm skins were pulled and broken due to the flexion, so I clutched the handle deeply with my palm, which made my grip fatigue.

So those who love bare-hand style should join a workshop and try before you buy the Russian Red. I have read a lot of bad reputations of the Trial Kettlbell in Japan because of the thin handle and the knurling on it, but when I tried it at Fitness Shop, I felt it is better at least for Snatches than the Russian Red. It depend on personal preferances. Ken also told me it was difficult due to too much flixion.
パワーブリーズ -- Power Breathing
瞬間的に力を出す時にフッと息を吐いて体を硬くする
→ ゆっくりとした動作でそれはできないので、息を止める
→ それは血圧も上がるしよろしからず、で、ホースで水撒きをする時のように息を小出しに吐く

おそらくは奥歯をかみしめるというよりは前歯を軽く合わせて「ッツーーーーー」というような息の吐き方になると思う。力を出すための奥義の一つ。

以上、Power to the People by Pavelを読み、ケン、ジョン、タイケイさんの実技を拝見しての理解の圧縮版。

で、日常生活で軽いものでも上げ下ろしする際に、つい「ッツーー」とやってしまうことあり。電車の網棚から荷物を下ろす時、鞄を机の上に乗せた後、つい「ッツーー」。はっと思い周りを見渡すと怪訝な表情。「あー、これはパワーブリージングといいまして」と説明するわけにもいかず、そもそもそんなところで使う呼吸法ではない。

関係ないがもうすぐ9月も終わり。9月といえばSeptember。SeptemberといえばEearth, Wind, and Fire. Funky Presidentとしては外せないところである。



Morning, September 26, 2008

24-kg KB Double-handed Swing: 50
16-kg KB Double-handed Swing: 50
8-kg KB Double-handed Swing: 50




To exhale out once and stronly to harden the body for maximum power
→ To hold breath for slower movements
→ To exhale slowly keeping high-internal pressure like we scater water through hose nozzle

Sounds like "Tssssssssssss" from between front teeth.
One of the arcanums to maximize power.

Above is the summary my understanding after reading Power to the People by Pavel and watching actual lefts of Ken, John, and Taikei.

Now, I sometimes do "Tsssssssss" without my intention during daily life. Taking something or pputting something, "Tssss". People around show strange expression. I cannto say to strangers that "Ur, you know, this is the power breathing which is..." On top of that, it is not used in such occasion...
家族でスウィング -- Swing the Family
8月の終わりに持ち帰った8kgケトルベル(キューティーハニー)で、9月10日頃に妻と中2の息子にスウィングとTGUを教えた。最初のころは尻が筋肉痛だったらしい。動きとしては悪くないか。TGUは座位までしか行かないが、あせらないように、と。動きがおもしろいのか、二人ともスナッチに興味があるようだが、まだ早いよ、キミタチ。

妻にミッシー様のDVDを見せて「こんなカラダに...」とモチベーション向上を試みたが、どこかの筋肉ハゲなおっさんの方が好みらしい(笑)


September 24, 2008
Off due to heavy drink...



I taught Swings and Turkish Get Up with the 8-kg Kettlebell to my wife and one of the sons in the beginning of Sep. They had muscle strains in their butt. Not bad. The son can do TGU upto the sitting position; I told do not rush. Two of them were interested in Snatches because the movement of a KB looked funny. Too early, guys.

I showed MISSY's DVD to motivate her, "may be able to be like this", but she prefers a bald muscular guy from somewhere.
ジャークのタイミングの取り方 -- Jerk Dipping Timing
ワークショップでジャークのタイミングが取りにくい、という話が出ていた。イメージがわかない人は、ケトルベルジャークの動画を探すのもいいですが、ウェイトリフティングのスナッチやクリーンでバーベルをキャッチするところを観てみたらどうでしょう?動きが極端なのでつかみやすいかもしれません。クリーンの後のジャークでは足を前後に開くので、ちょっとイメージがわかないかも。

私はへなちょこ見よう見まねバーベルクリーンで肘を痛めましたが、タイミングはそれでなんとなくわかっていたので、ケトルベルジャークもさほど労せず何とか形になっています(多分)。

WEIGHTLIFTING-63KG WOMEN - FINAL

ウェイトリフティングでは、上に爆発的に引き上げたバーベルが上がりきる前に体を縮めながら下に入れる(ディップする)ことで、伸身頭上ロックアウトまで一気に持ち上げられないものをキャッチしているわけです。当然むちゃくちゃ重いのでフルボトムスクワットまでちぢみこんでいますが、ケトルベルの場合はそこまで重くないので軽く膝を曲げるだけで済んでいる、と。ある程度重い物の方がイメージがつかみやすいようです。

こちらはクロスフィットからのリンクで、ハングパワークリーンハングパワースナッチです。

パワー…というのは通常より高い位置でキャッチするもの、膝の曲げが少ない。ハング…はケトルベルでもおなじみですが床からでなくぶら下げたところからということで高い位置からの開始。オリンピックリフトよりハング・パワー・...の方がよりケトルベルに近いですね。

膝の曲げ: オリンピックリフト > パワークリーン・パワースナッチ > ケトルベルジャーク
使用重量: オリンピックリフト > パワークリーン・パワースナッチ > ケトルベルジャーク
可能回数: ケトルベルジャーク > パワークリーン・パワースナッチ > オリンピックリフト
キャッチまでの重量移動距離: ケトルベルジャーク > パワークリーン・パワースナッチ > オリンピックリフト

ケトルベル種目をバーベルやダンベルでやると...はこちら拙エントリもご参照。

もちろん、ケトルベルスナッチでもクリーンでもディップをすることは可能で、Pavelも最初のケトルベル著作の Russian Kettlbell Challenge ではクリーンでディップを採用していました。

皆さん昼間からブログ更新していたのですげぇ、と思いましたが、今日は日本は休日ですね。

20時45分、約3時間前にビールを小さいコップ1杯飲んだだけなので、スウィング!



Midnight, Sep 23 - 24, 2008
16-kg KB Double-handed Swing: 100 - 100
24-kg KB Single-leged Suitcase Dead Lift (Ipsi Lateral): L/R - 5/5
24-kg KB Single-leged Suitcase Dead Lift (Contra Lateral): L/R - 5/5



Some people have difficulties with the timing with Kettlbell Jerks. I personally recommend to watch the movements chatching barbells in Olympic Snatch and Clean. The movements are more appearent than Kettlebell's. Jerk, even if sharing the same name, requires splitting feet in foward and backward, so it cannot be good for building KB Jerk image.

Though I got injured my left elbow with improper self-learnt Barbell Cleans, I got the timing of catching and somehow apply it for KB Jerk.

WEIGHTLIFTING-63KG WOMEN - FINAL

In Weight Lifting, lifters catch the barbells with divng under the barbells (dipping) before the barbells reach top. Since the weigts are so heavy, they cannot pull to the full-extended body and arm height and dip deeply to full bottom squat positions. Since weights of KB are relatively light, it is OK to dip lightly. It is easier to use a hevier KB to get the image.

These are links from Crossfit: Hang Power Clean and Hang Power Snatch.

"Power" is used for catching the barbell at higher position than Olympic Lifts: less dipping. "Hang" is used for starting the barbell with hang position, higher position than Olompic Lifts. More closer KB Jerk.

Dipping depth: Olympic Lifts > Power Clean/Power Snatch >KB Jerk
Used Weight: Olympic Lifts > Power Clean/Power Snatch >KB Jerk
Possible Reps: KB Jerk > Power Clean/Power Snatch > Olympic Lifts
Weight Travelling Distance till Catch: KB Jerk > Power Clean/Power Snatch > Olympic Lifts

Trying KB Training Items with BB or DB? Refer my previous my previous entry.

Of course, it is possible to dip with KB Snatch and KB Clean. Pavel introduced Clean with dipping in his first KB book, "Russian Kettlbell Challenge".
この筋肉痛は許せぬ -- Unforgivable Muscle Strains
昨日のワークショップの後遺症。
・大殿筋 これはよし
・大腿四頭筋 これはまぁよし
・上腕二等筋 なんでー?クリーンの時に腕で引き上げていると思われる。これはいただけない。上腕二頭筋種目など一つもやってない!ケンさんからも尻を使えと言われたっけ。

広背筋あたりが筋肉痛になりたかった...。まだきかせ方が分かってない。

複数の方からダンディと言われて恥じ入るばかり。ところでダンディって?Wikipediaで調べてみた

だが時には今なお、めかし込んだ己惚れ屋の意味で――しばしば「ゲイ」との含みを持たせて――使われる。


わらた。kObAさんのおかげでしばらくはあちこちでGネタが尽きないだろう。

明日からしばらく忙しく、夜もありそう...。


Around midnight, Septeber 22-23, 2008

16-kg KB Double-handed Swing: 100 reps, that's it.



Muscle strains due to aftermath of the workshop yesterday.
・Glutes: it is good.
・Quads: not bad.
・Biceps: Why-!? Seems because I used biceps too much when I cleaned. Unforgivable. We did not any single workout for biceps. Ken advised to use hip more.

I want the lats to have some mascle strains from presses.
アドバンスドワークショップ -- Advanced Workshop
日曜日、新宿でのタイケイさん主催フューチャリング ケン・ブラック アドバンスドワークショップに参加して来ました。

本や動画でも得られるものはあるが、やはり直接に勝ることなし。今回人数も少なく、より濃密なコミュニケーションの元、色々教えていただいた。疑問の点、勘違いしていた点など指摘していただいたので助かる。

肘痛のため、しばらくプレス系、クリーン、スナッチはやっていなかったが、痛み止めを飲んで参加(笑)。その甲斐あってか、16kgではあるが、何とかついていくことができた。16kgのダブルスナッチなど絶対無理と思っていたが、12kg×2でできたので16kg×2もやってみたら意外やできた!クリーンでの左右の違い(左のやり方は肘に悪い)や、スウィングやクリーンのトップからの肘に負担の少ない下ろし方など、非常にありがたいことも教えていただけた。

ハードにトレーニングすると後で睡魔に襲われるというお話を皆さんブログで披露されているが、昨日はWS中に眠くなった。体力なし(笑)

先日奈良に行こうと思っていたがスケジュールの関係でキャンセルになってしまったので、ケンにあえてうれしかった。参加された皆さん、楽しい時間をありがとうございました。


Advanced Workshop @ Shinjuku



I participated the Advanced Kettlebell Workshop by Taikei feat. Ken Black at Shinjuku on Sunday.

We can learn from books and videos a lot, but never like face-to-face communication. Since the number of trainees are less than that of the workshop in July, got deeper knowledge. Many points I had questions or I misunderstood were solved thanksfully.

I had stopped training presses, cleans, and snatches due to elbow pains. I took a pain killer and join the WS. Thanking for that, I somehow managed to completed learge volume of training with 16kg KB. I never thought I could do 16-kg KB Double Snatches, but I was able to do! So happy. The inbalance of L/R cleans (the left way is bossibly bad for elbow), or safe-for-elbow ways to get down from the tops of swings and cleans, which are really useful to me.

Many friends wrote they felt really sleepy after hard training. Sleepness got me during the WS. So week. LOL

I planned to drop off at Nara to meet Ken the other day, but it was cancelled due to change in my schedule. So I was so happy to meet Ken again. Thanks everyone at the WS to share the precious and joyful time!
予備動作なし
競技スポーツや格闘技をやっているわけではないので全く関係ないのだが、体の動きとかは興味がある。よくいわれることで、予備動作のない動き。体をひねらないうねらせない、とか、大腿四頭筋でなく尻周りの筋肉で、とかよく耳にする。正拳突きが見えないなどという話も(そりゃ漫画だったか?)。

北京オリンピック、当然韓国では韓国の選手の露出が多いのだが、韓国女子ハンドボールの10番(名前忘れた)のシュートをみて「あー、これか!」と得心。空中に飛び上がった時にほとんど腕を振り上げていないし、力がみなぎっていない。そこからスッとシュートするのでディフェンスもキーパーも反応できない。格下の中国はもちろん、北欧の強豪の厳しいディフェンスの位置取りを相手しても何本か見事に決めていた。

ケトルベルも動作の改良に役立つといわれていますね。



No training on Sat, Sep 20, 2008.
Preparing for tomorrow's work shop!



Since I do not participate in any competition or martial arts, I have nothing to do with it, but I am interestead in how to move the body. I often hear about movements without anticipations: not twisting the body, using glutes, etc. Cannot notice or see a fore fist punch. (Is that from a comic book?)

During the Beijing Olympic Games, a lot of Korean athletes were naturally on TV here in Korea. When I watched some shoots of the number 10 (forgotten the name...) of Korea female hand ball team, I got what it mean. When she jumps into the air, she does not wind up her hand with a ball nor no tention in her body. Then the ball glides out, which reaches the goal net before defenders or a keeper response.

Kettlebell trainings are said good for improvement of movements.
命名 -- Name Them
RKCもクソ重48kg (106lb)ケトルベルに猛獣という名をつけて、猛獣使いは尊敬を受けているわけだが、そんなところまで行く力も気もないのである。それでも世界のTOYOTAでも産業用組み立てロボットに名前をつけたりしているわけで、うちのかわいい兄弟(Kawaii Bros. = KB、って、日本語と英語が混じってるが気にしないように)にも名前をつけたい。オレンジさんも名前付けていらっしゃる。

3_KBs

左から、8kg: キューティハニー、16kg: 名前はまだない、24kg: マッドマックス

最初に16kgを入手したので、8kgを手にした時には、な、なんて小さくてかわいいのだ!と思ったので、そんな名前。24kgは何なのだこの狂ったような重さは?!くわっ!! って感じだったので、マッドマックス。実は16kgの命名に悩んでいる。期せずして軽いのと重いのが架空のキャラの名前になったので、コイツも何か。うーん。


Sep 19, 2008
No training. When I noticed, it was the next morning...

Mroning, Sep 20, 2008
16-kg KB Double-handed Swing: 100



RKC names the heavy 48kg KB as Beast, and Beast tamers are respected. I am out of their league and have no intention toward there. However, to name belongings is common in the world. TOYOTA named its industrial robots at their factories. Mr. Orange named his KBs. I would like to name my Kettlebells.
3_KBs

From left:
8kg: Cutey Honey, 16kg: not named yet, and 24kg: Mad Max

Since I First got a 16kg, 8kg felt so light and looked so cute, so wanted to name cute and sweet. 24kg is heavey like crazy! So "Mad" and "Max". Actually, still wondering the name of 16kg. I had no intention, but the other two named after character names from fictions. So may be this is also...
か、軽! -- Soooo Light
♪坊や~よい子だねんねしな~、い~まも昔も...

むか~し昔、あるところに男がおったんじゃ。それはある晩の~ことじゃった。男はそのところの振り連れの六貫半程の薬缶鈴を振っておったんじゃ。三十回を二度ばっかやったら疲れてしもうたそうじゃ。

男がふと横を見ると六貫余の薬缶鈴が寂しそ~にして黒光っておっての、続けて振ってみることにしたんじゃ。男のまぁたまげたのなんの、その軽いこと天女の羽衣のようじゃったそうな。

海の向こうのえら~い師範様達は同じように振るそうじゃ。これもまた、魂消たことじゃの。とっぴんぱらりん。

ってこりゃ英訳できねぇだろ。一つ上を経験することで下が軽く感じられる、とあちこちで見聞していましたが、昨晩体験し、なるほど~、と。やっぱり何事も自分で経験しないとね。今日も夕方肘痛治療に行ってきた。はぁ


Around the midnight, Sep 17-18, 2008

24-kg Double-handed Swing: 50 - 50 --> PR; so hard!!
16-kg Double-handed Swing: 50



After 24kg, did Swings with the 16-kg KB. It felt light as feather. I have heard and read a heavier KB makes yours lighter, but you cannot know until you get experianced.
背中に効かす -- Pressing with Lats
最初にタイケイさんのブログで拝見し、「え?書き間違い?」と思ったほどなのが「背中の筋肉でプレス」である。その後パベルの著作などでも何度も目にした。広背筋って、引くための筋肉じゃないの?

今は肘治療のためプレスは封印中だが、やっている時に広背筋を意識したが、どうもよくわからない。サイドプレスやベントプレスが感じやすいとのことなのだが...。真似ごとじゃ無理ね。ミリタリープレスして筋肉痛になるのもせいぜい肩甲骨の間(菱形筋と僧帽筋か?)で、パベルは「僧帽筋じゃねぇんだこのガキゃ」とドスを利かせている。

肘が治ったら真っ先に解決したい謎 Nazo の一つだ。(と、サブリミナルにNazoさんに振ってたりして

こちら、昨日今日と連休である(昨日は国民の休日、今日は会社指定休日)。本日午前中は肘韓方治療。ちなみに最後に貼ってくれるテープはキネシオテープ from Japan である。休みはあっという間である。平日もあっという間だが。


Around Midnight, Sep 16-17, 2008
24-kg KB Single-leg Suitcase Dead Lift (Ipsi-lateral): L/R: 5/5 - 5/5 (easier than Contra-)
24-kg KB Single-leg Suitcase Dead Lift (Contra-lateral): L/R: 5/5 - 5/5- 5/5 (hard to balance)
24-kg KB Double-handed Swing: 30 - 30
16-kg KB Double-handed Swing: 40
16-kg KB Windmill Low Back-push Style: L/R - 5/5
16-kg KB Windmill Low Side-push Style: L/R - 5/5



When I first saw the expression in Taikei's blog, I thought that it must be typo: "pressing with the lats". Later, I frequently met the expression in Pavel's books and etc. Lats are for pulls, aren't they?!

Now I do not do any presses due to the elbow pains, but when I tried to press with lats, I could not feel how to. Some recommends the Side Presses or Bent Presses to know how to use lats, but... When I did a lot of Military Presses, I only had muscle strains between the shoulder blades (rhomboids and traps?). Pavel says "The lats, not traps!"

This is one of the most immediate issues I want to solve after recovery of the elbows.

続きを読む

龍門会でお買い物 -- Bought at Dragondoor.com
Super Joint e-book & DVD
Beyond Body Building e-book I, II, and III
Power to the People DVD
Relax into Stretch DVD

どうせならまとめて買っちまえ!酔った勢いで買っちゃいました。以前渡米時の16キロケトルベルとDVD各種を加えたら、年間メンバーシップ購入した方が安かったですね。もうしばらく買わないのでまーいいでしょう。早く読みたかったのでe-bookにしましたが、手順が複雑怪奇。途中でエラー、二回目はオーダー番号が無効とか。今時珍しいほど劣悪なユーザーインターフェイスである。かなりイラっと。


No training at night due to some alchohol.
Walked 40 minutes, and did some flexibility trainings for hamstrings afternoon.


Super Joint e-book & DVD
Beyond Body Building e-book I, II, and III
Power to the People DVD
Relax into Stretch DVD

If you want, get them all! Some hard drinks made me do. If I add the 16-kg Kettlbel and some DVDs I got during my business trip to US, it is cheaper to purchase the annual membership providing 15% discount. I have no plan to buy more, so it is OK. I purchased e-books because I wanted to read now, but the ways are so complecated. First, error occured in the middle, and second, was refused due to an invalid order number. It was from you! It is so sutupid user interface, which we can rarely meet these day. Very irritated.

続きを読む

Two-arm か Double-handed か -- Either Two-arm or Double-handed?
一つのケトルベルを両手でつかむスウィングの呼び方、どうも世の中的にはツーアムスウィングというようである。個人的にはダブルハンデッドと記述していた。テニスの両手打ちもダブルハンデッドだし、と思っていたが、ビッグブラザーGoobleで two-handed +tennisは18,600件、double-handed +tennisの方は5,020件。どうやら分がないようだ。KB界では両手それぞれに持つのをダブルというので、混同を避ける意味でもDoubleは使わないのだろうか。今はダブル種目をやることもなし(笑)しばらくは自己流記述を貫くとしよう。

今日はオレンジさん、Nazoさんのアドバイスに従ってDLをやってみた。バランスをとりながらというのは思ったより難しいですね。


Morning, Sep 14, 2008
24-kg KB Double-handed Swing: 30 - 30 - 30
24-kg KB Single-leg Suitcase Dead Lift (Ipsi-lateral): L/R: 5/5 - 5/5
24-kg KB Single-leg Suitcase Dead Lift (Contra-lateral): L/R: 5/5 - 5/5

Evening, Sep 14, 2008
Hill-climb walking (20-30 min) to the Namsan Park. Enjoyed the beautiful night view from N Seoul Tower.

Night, Sep 14, 2008
16-kg KB Windmill Low Side-push Style: L/R - 5/5
16-kg KB Windmill Low Back-push Style: L/R - 5/5
16-kg KB Double-handed Swing: 50



How to call the Swings with holding a KB with the both hands? Seems like Two-arm Swings is general in general. Parsonally I stated as "Double-handed". I believed we call "double- handed strokes" in tennis, but when I searched with the Big Brother, Google, "two-handed +tennis" hit 18,600 items while "double-handed +tennis" hit 5,020. Seems I lost... In the KB world, they use "Double" for trainings using two KBs, so do not use "double-" to avoid confusions, maybe. As I do not do training with two KBs, I'd say "Double-handed Swings" for a while.

Follwoing Nazo-san's and Orange-san's advices, I tried one-leg suitcase DLs. Lifting something with keeping body balance is more difficult than imagene. That reminded me of one-leg DB sholder press, which I used to do before.
スウィングの鬼となれ -- Be a Swing King
昨日はラダーヘビープレスデイ。と思ったら頭上ロックアウトで肘が痛い。これではプレスもウィンドミルもできない...。TGUもダメじゃん!スウィングのみ、かなぁ。ケトルベルは基本手で持つので、肘やら手首やら痛めると何ともやれることが限定される。Enter the Kettlebell には肘や肩を痛めたらスウィングとTGUに集中、と書いてあったっけ(私の場合はTGUも痛いけど)。

スウィングの鬼となれ! ...他に手がない

Windmill の Low があったか!伸ばすのは痛くないので。


Morning, Sep 13, 2008
16-kg KB Double-handed Swing: 2 sets * 50 reps
16-kg KB Low Windmill, Side-push Style: L/R - 5/5
16-kg KB Low Windmill, Back-push Style: L/R - 5/5


Planned the ladder heavey press day, last night. But my elbow seems getting worse and I could not lock out the left elbow over head. No Presses, no Windmills... Even TGU couldn't be. Only Swings? Since most Kettlebell training items require holding KB with hands, if we have troubles in elbows or lists, what we can do is limited. "Enter the Kettlebell" stated concentrate on Swings and TGU. In my case, even TGU is difficult.

Be a Swing King! ...No other ways, actually...

Oh! Windmills holding with the lower hand maybe OK!
スナッチ封印 -- Sealing Snatches
今まで行っていた医者が事務所引越しで遠くなったので、新しいところにトライ。日本語の堪能な韓国人同僚が一緒に行ってくれた。鍼4か所×2セット、灸3か所×4セット、肘暖めつつ腹に大きな灸、最後に低周波治療器。保険がきくので初診料込みで700円位、次回からは500円位である。

女医曰く、「重いものは持たないでください」「痛くなくてもダメです」

そ、そうですか...。

なんだかんだと前のところでも2か月半世話になっているが良化の兆しなし。治した方がいいかな...。肘にとても負担のかかるクリーンと、結構衝撃の来るスナッチは涙をのんでしばらく封印することにした。基本であるところのTGUとスウィングを徹底的にマスターする。そんでプレスとウィンドミルをチョコッと。

せっかく楽しくなってきたクリーンとスナッチをしないというのは何とも。しかし、「エリートとその他大勢を分かつ唯一のことは、エリートは基本がしっかりしているということだ。」を座右の銘とし、しばし耐えよ。クリーンとスナッチのへの飢えと渇きをためにためるのだ。

そんなわけで昨日はスイッチ切り替えのためトレ休み。


Due to the office removal, the hospital is far away. So I am looking for a new one. One of my Korean colleagues, well at Japanese, took me an oriental clinic.

Accupunctures to 4 points * 2 sets, moxa cauteries to 3 points * 4 sets, warming the elbows and placing a big moxa on belly, and EMS. Covered by health insurance, it cost 6.5 USD including the first diagnosis; 4.5 USD from the next time. Cheap! In Japan, accupuncture costs a lot.

The lady doctor said, "Don't hold any heavy objects." "No. Even if you have no pain."

Y, yes, doc...

It has passed 4 months since I first sufferd from this pains and spent 2.5 months at the first doctor. So far no improvement. Better to fix it.

No KB training at all is non snece, but I quit training Cleans and Snatches for a while. :-(
I will master the RKC Minimum: TGU and Swing. (and little Press and Windmills.)

The Cleans and Snatches are getting fun to me, so so sad to hibernate. I will believe the quote "The only thing that separates the elite from all the rest is the fact that the elite are better at the basics than everyone else." (by M. Sgt. Duane Stanton, USAF Pararescue) from Pavel's book. Be patient. Accumulate the hunger and passion to Clean and Snatch.

Made it off yesterday to switch mind-sets.

ウィンドミルだ -- Windmills
1年ほど前に米国海兵隊フィットネスマニュアルだか何だかを見たことがある。もうヤメにした古いトレーニングという項目があって、そこに「Windmills」というものがあった。当時「ウェイトトレーニング ウィンドミル」などで検索かけたが、何もヒットせず。それ以来ウィンドミルというのは私にとって幻の種目であった。

興味はあったものの、振ったことも本を読んだこともなかったケトルベル、ちょいと親しんだらば、毎日のように聞くウィンドミル。これがあの猛者連で危険だからヤメにしたウィンドミルなのか?たしか、背骨下部に与える潜在的な害を考慮して推薦種目から外されていたような気が...。

またまた教えてクン登場。OKCのフォーラムで聞いてみました。ジョン・ワイルドさんが答えてくれましたヨ。例によって当局は誤訳とそれがもたらす結果には関知しないのでそのつもりで。


何でウィンドミルに関して好き嫌いが分かれるかはよく分かります。正しくやれば美しいもので、気持ちいいですが、間違えたやり方をすれば醜く、苦痛を伴います。

一般的に背骨の椎骨がヘルニアになるのは背中を屈曲し回旋させた時です。これは正しくウィンドミルを練習しなかった人に見られる間違い。ウェストから曲げて身体をひねる、屈曲と回旋ですね。

背骨が自然な位置にあるときは回旋は普通の動きです。正しいウィンドミルをするためには、尻を後ろに突き出すようにして骨盤を十分に前傾させる必要があります。それによって、背骨は曲がることなく、屈曲を伴わずに回転することができます。股関節周りと脚の筋肉の柔軟性が問題になります。例えば、ハムストリングが骨盤を十分に前傾させられないほど固いとすると、その代わりに背骨を曲げざるを得なくなります。これがしょぼいフォームにつながり、さらには怪我の危険性にも。しかしながら、限界の範囲で行えば、ウィンドミルは股関節・脚周りの筋肉の柔軟性を劇的に改善し、股関節の可動域とコアの強さを大きく変えてくれます。

ウィンドミルを恐れる理由は何もないですが、他のケトルベルの動作と同様、なめたらイカンです。



というわけで、今一度勉強して、正しいウィンドミルのトレーニング開始だ!床に置いたほうが簡単かと思ったが、床に置いたKBに手が届かないほどハミーたんの柔軟性が足りないようならば、オーバーヘッドの方が安全ということになりますね。ジョンさん、ありがとう!

ブログのデザイン変えてみた。ちょっとオレンジ気分です

16-kg KB TGU: L/R - 3/3 - 3/3
16-kg KB Snatch: L/R - 20/20
16-kg KB OH Windmill: L/R - 1/1 - 1/1
Superset of 24-kg KB Double-handed Swing & Hindu Push-up: 20&20 - 20&20


Aound a year ago, I had a chance to read "Navy SEAL Physical Fitness Guide" or something. There is a section on "Eliminated Old Training", and I first met "Windmills". I searched "Weight Training, Windmills", but no hit. The Windmills have been a phantom to me from then.

Interestead in long time, but never train with or never read books on Kettlebell, but once I got into the KB world, I see Windmills almost every day. Is this that dangerous "Windmills"? SEAL threw away this due to potential dangers to back discs...

Again, Oshiete-kun's turn. (Oshiete-kun: Mr./Ms. Tell-me, who keeps asking questions on the Net) I asked at the OKC Forum. John kindly replied agagin.

For English, please register OKC and enjoy the Forum.

Yes. I studied with the books and DVDs I have, and just started working Windmills! I thought the Windmills picking up a KB from floor is easier, but if not confident in the flexibility of the hamstrings enough to reach a KB on the floor, it is better to start with the overhead KB style.

Changed the designe of the blog. Feel like kind of Orange...
バカなんだね -- What a Fool I am!
もう寝ます、とコメント欄に宣言してから、皆さんのブログをチョチョっとみてたら催しました。
軽押日。
本当はC&Pですが、連続Pressです。30分睡眠削ってしまった。


16-kg Kettlebell
Military Press: 5 set *1-2-3


"I will go to bed now!" stated in the comment of the previous entry. After glance at KB freaks' blog, something turned on me. The Light Press Day. Did Military Press instead of proper Clean & Press. Reduced sleep by 30 min...
筋肉痛 -- Muscle Strains
筋肉痛、なればいいってぇもんじゃぁない、とあちこちで見聞しましたが、それでもなれない運動やると筋肉痛になります。

一昨日の300スパルタンによってどこが痛くなったか。今のところ、肩甲骨の間くらいなもんです。

どうもプレスのときに広背筋を利かせるというのが良く分からない。プレスのネガティブで力を入れてプルアップができるようになった人がいる、とのことだが、広背筋に効いている感じがしない。

Enter the Kettlebell のラダートレーニング、続きを読んだら毎日じゃんじゃんやるわけではないようだ。今日はバリエーションの日。やりたいことを適度にやればいい。


Midnight, Sep 9, 2008
16KB Windmills - First try! Detailed for the next entry.
Over Head: L/R - 2/2
Hanging: L/R - 2/2
16KB Snatch: L/R - 20/20
24KB Single-handed Swing: L/R - 5/5 -5/5 - 5/5 - 5/5 - (5/5 - 5/5) Last 10 DARC



Read or heard that muscle strains are not must for gaining strength. But we have them after we try something new and noticed where was used.

Where I got muscle strains from 300-rep spartan training two days ago. So far, between gults.

I cannot get how to use the lats when pressing. "Enter the Kettlebell" mentions someone became to be able to pull up thanking to the negative press movements. I cannot feel during excercise or no muscle strains in the lats.
初ラダー -- Start The Ladder Training
パベルのEnter the Kettlebell を読んでいるところ。やっぱり Video だけではなく、紙もあった方がいい。ちなみに Power to the People は本だけ買ったが、やっぱり DVD があった方がよさそう。片方に全部入れこまない(紙に動画は入らないが)ところ、なかなか商売上手である。RKCの家元制度といい、共産圏から来たパベルにこれほどの商才があろうとは。強力なブレインが付いているのだろうか?

閑話休題。ラダートレーニングの詳細が載っていたので、クリーンアンドプレスでやってみることに。24kgでプレスできるようになるため、である。16kgで左右5回ずつ×5セットのミリタリープレスはできるので、1-2-3 × 5セットから始めることにした。とりあえずそれほど苦労はなくできた。明日から1-2-3-4へ増やしていく。果てない範囲で。最終目標は1-2-3-4-5 * 5セット、75レップだ。


Evening, September 7, 2008

16-kg KB Clean&Press Ludder Training
- 1/1 - 2/2 - 3/3 * 5 sets --> 30 reps for each side


Reading Pavel's "Enter the Kettlebell". Better to have paper version not only video. BTW, I have "Power to the People" only as a book, but would like a DVD. Pavel is good at business: not telling everything in a book nor a DVD. I wonder why the man from a Communist county has such business talent. Any strong brains behind him?

Anyway, after reading the Ladder Training, I tried with Clean and Press. I want strength enough to press 24kg KB. I started with 5 sets of 1-2-3 because I did 5 sets of 5 reps Military Press usually. No big difficulties so far. Increasing the reps to 1-2-3-4 from tomorrow. Never to fail. The goal is 5 sets of 1-2-3-4-5, 75 reps for each side.
300 -- Three Hundred
しばらく調子の悪かったYoutubeようやく直した。映画300の影響からか、合計300レップスになるようなプログラムが結構紹介されている。自分でも作ってやってみた。非力さを痛感。
・1種目目で早くもヘロヘロに近づく
・2種目目、存外肘が痛く取りやめ
・できるだけ休みを入れない、って無理です
・Haloは入れないだろ、普通
同じメニューを時間計ってやると楽しいですかね。デッドリフト、加重スクワット、プレス系はあまり時間勝負したくないですが。


Afternoon, Sep 6, 2008

24-kg KB S-handed Swing: L/R - 10/10 - 10/10
24-kg KB D-handed Swing: 30 - 30


Morning, Sep 7, 2008

I made a 300-rep training plan, but the 2nd item killed me...
35/30...
Superset 24-kg KB D-handes Swing & Hindu Push-up: 15&15 - 15&15 - 15&15 - 15&15 ->60
Burpee & 16-kg KB Pick-up-&-Squat: 5 - 5 (planned 30 reps onece...) ->70
24-kg KB Sumo DL: 15 - 15 ->100
16-kg KB DARC Swing & High Pull & Snatch: 30 (15 for each hand) ->130
(DARC is just for changing hand each other rep)
16-kg KB DARC Swing & Clean & Press: 30 (15 for each hand) ->150
(DARC is just for changing hand each other rep)
16-kg/8-kg KB Double Bent Over Row: 30 - 30 (Change L and R for the 2nd set) -> 210
(To start with double rowing, down and up one, then the other side)
16-kg KB Russian Twist (half?): 30 -> 240
16-kg KB Over Head Squat: L/R - 5/5 - 5/5 ->260
24-kg KB D-handed Swing: 30 ->290
8- kg Halo: L/R - 5/5 -> 300


I finally fixed Youtube, which was out of order for 1 month or so. Inspied by the movie 300 and its workout for actors, many workout with total 300-rep programs are uploaded there. I made one for myself and tried. Recognized my poor strength. orz

I will record the time for the next time. I don't want to challenge to time for DL, Squats, Presses, though.
新豆 -- New Beans
「いや~、やっぱり新豆はうまいねぇ」
ではなく、新しいマメができた。16kg片手連続スナッチ20回、Yeah!とか浮かれていたが、痛みは感じなかったものの、掌、いつもよりも指に近い部分に。巻き込みが少なくなったとは言えそうだが、やはり究極の解決法は下半身での衝撃吸収なのでしょうね。



After midnight, Sep 5, 2008

24-kg KB D-handed Swing: 20 reps
16-kg KB TGU: L/R: 1/1 - 1/1



Morning, Sep 6, 2008
16-kg KB TGU: L/R - 1/1 - 1/1 - 1/1 - 1/1 - 1/1 (no rest)
16-kg KB Snatch: L/R - 20/20 - 15/15 - 15/15 (grip died to stop)
16-kg KB Clean: L/R - 5/5 - 5/5
16-kg KB C&P (slow & strong negative for press): LR alt - 10 -10 -10
16-kg KB Mlitary Press (slow & strong negative for press): L/R - 5/5 - 5/5
Superset 24-kg KB D-handed Swing & Pushup: 15/15 - 15/15



"Yammy! New beans taste absolutely nice!"
No. This is about blisters (we call blisters as "マメ" mame in Japan; blister and bean are pronounced in the same way. I guess it is because a blister look like bean (a red bean taste good, but a red blister scares). Anyway, I snatched 20 with 16-kg KB, which made me dance. I felt no pain in my palm skins, but I found new blisters closer to fingers than usual. Getting better in hand technic, but the ultimate solution is to absorb with lower body.
なぜスナッチで手の皮がむけるのか II -- Why Snatches Break Palm Skins II
16kgスナッチ片腕連続20回できた。ショボいですが(笑)。前回エントリーの引っかけマメ防止テクにて掌痛みなし!ショボいけどYeah!!
しかし、これも予想通りだが、握力が果てる。10回ずつ、5セットやるよりも、20回2セットの方がはー・るー・かー・にーきつい。握力耐久性向上、こればっかりはじっと向上を待つしかないでしょう。

下りは肘を曲げコークスクリュー、ボトムでは親指を45度内側へ回す。

これらも私にとってはマメ防止テクです。真っ直ぐ下ろすと、水平から下45度位のところで一気に衝撃が来る感じでつい握りしめてしまいますが、コークスクリューだと先に肘を曲げてやることで位置エネルギーが減少→落下スピード減少→衝撃減少、ということで、安心して指ひっかけで行けます。ボトムでも進行方向にハンドル垂直にしていると、前回エントリーの絵の巻き込みが起きますが、45度にすることでケトルベルの慣性が指と垂直方向にも逃げるので、ハンドルが回転せず、巻き込みがが起きない。


Morning, Sep 4, 2008
- 16-kg KB Snatch L/R - 20/20 - 20/20
- 16-kg KB Clean L/R - 5/5 - 5/5 -5/5 I like Cleans, but the left elbow is painful these days...
- Super Set of 24-kg KB D-Handed Swing & Hindu Push-up: 20&15/ 20&15/ 20&15
- 16-kg KB Military Press: L/R - 5/5 - 5/5 - 5/5 - 5/5 - 5/5
- 24-kg KB Bent-over Row: L/R - 5/5 - Oops! Late for work.


I was able to complete 20 Snatches per side in raw with 16kg So few with so lgiht, but no pain in palm skins with the palm grip. The weight does not matter, Yeah!!

As expected, too, the endurance of grip does not allow to contiue more. 2 sets * 20 reps are by F-A-R tougher than 5 sets * 10 reps. It takes time to gains strength in grips. Be paitance.

From top of Snatch, bend the elbow and cork screw, and turn the thumb inward till 45 dgree.

These, low energy consumption technics, are anti-blister technics to me so far. When drop straight from the top, the sudden impact at 45-degree point down from the level make me grip hard. On the other hand, bending elbow --> to decrease potential energy --> to decrease max speed --> to decrease impacts, makes the hook grip with feeling safe.

At bottom, if I keep right angle, the skin involvement to the handle spin happens, but 45-degree-inward rotation releases some momentum to cross-palm direction, which avoids the skin involvement.
なぜスナッチで手の皮がむけるのか -- Why Snatches Break Palm Skins
もともと皮膚が強い方ではない。それにしてもマメ出来すぎ。スナッチやっていて「あ、マメ」とやめにすること多し。先日、東京でタイケイさんがアドバンスドケトルベルワークショップを開催していた。いいなぁ、と思いつつ、タイケイさんのブログの過去エントリーを繰った。

スナッチで手の皮をむかない方法: フムフム
1. 下半身で衝撃を吸収する
2. 下りでは指でひっかける

1.は意識していたが、2.は見落としていたようだ。2日前のスナッチで試してみた。なるほど掌が痛くならない。

Palm vs Finger

パームグリップ、フィンガーグリップ。ゴルフの話ではない。

左手を例にとれば、親指方向から見た場合、下りではハンドルが時計回りに回転する。握りこむと、掌の皮が指の方に巻き込まれるように引っ張られる。指にひっかけるようにすると、巻き込み擦れがないので少なくとも掌は痛まない。皮膚に垂直に力がかかるだけならばマメはできにくいが、横に擦られるとマメはすぐできる(靴ずれも同様)というわけだ。

いつものように、わかるのとできるのは別問題で、巻き込んで顔をしかめることも当然あり。しかし、スナッチの回数を上げる一つのきっかけにはなりそうな気がしている。非力な私の場合指の筋力の耐久力が次の課題としてあるが...。


Around Midnight, Aug 31 - Sep 1, 2008
Forgot to write.

16-kg Kettlebell
- Snach: L/R - 10/10 - 10/10
- Military Press: L/R - 5/5 - 5/5 - 5/5 - 5/5 - 5/5

- Hindu Push-up Superset & 24-kg KB Double-handed Swing:
10/10 - 10/10 - 10/10 - Sleepy... Ha ha ha! Take shower and good night!

Around Midnight, Sep 2 - 3, 2008

8-kg Kettlebell
- Halo: L/R - 5/5

16-kg Kettlebell
- Snatch: L/R - 10/10
No pain in the palms, but sharp pains to the left elbow.
I got the last treatment on Mon, so that must cause pains.
- DARC Swing: 40 - 40 (rest 1 min.)

24-kg Kettlebell
- DARC Swing: 10 - 10 (rest 1 min.) ---It's so hard to me!
- Double-handed Swing: 20 ---This is it!



As mentioned before, my skins are weak. Even taking it into account, I have too many blisters. I often stop snatches with some bad feeling in my palm skins. Checked some old entries of Taikei's blog while he was conducting an advanced workshop in Tokyo.

How to avoid blisters during snatches:
1. To absorb impacts with lower body
2. To hook fingers rather than to grip deeply for downward

I tried 1., but did not notice 2. before. I tried yesterday. Oh! No pain in my palms!

Palm vs Finger

The palm grip or finger grip? Not talking about golf.

When snatching with the left hand, looking from thumb, the handle moves clockwise for down swing. If you grip hard and deeply, the palm skins are caught in and stretched toward fingers. Blisters happen when skins are stretched with frixtions. If you hook the fingers to the handle, no caught-in and no pain.

To understand and to be able to do are different issues, and still get hurt sometimes. But I think I have gotten something to increase snatch reps. Little endurance of finger/grip power is another problem to me, though...
安全なデッドリフト II -- Safe Dead Lifts II
パベルのPower to the Peopleを読んだ。デッドリフトの下りは「尻を後ろに突き出し、ほとんど自然に落ちるように膝の前を通して、それについていけ」とあった。今まで読んだ本や、Web(主に日本語)では「ゆっくり下ろす」とあったので少々混乱。

Orange Kettlebell Club (OKC) のジョン・ワイルドさんからアドバイスをもらった。以下訳

私はいつもデッドリフトでは「早くコントロールされた」スピードで、通常のネガティブよりも早く下ろすように言われてきました。この場合「コントロールされた」とは、ただウェイトを床に落とすのでなく、ある程度のテンションかけることを指します。安全のために。デッドリフトはよく最大挙上重量かそれに近い重量を使うので、持ち上げることだけで疲れてしまいます。コンセントリック挙上で疲れ果てた状態でゆっくり下ろそうとすることは怪我につながる恐れが高いです。

コツは、ウェイトが地面に戻る直前まで体から力を抜かないことです。上り下りも、絶対に完全にリラックスはしないこと。

背骨はニュートラルに、胸を上げて、殿部に力を入れて、引いてロックすることを忘れないでください。


(誤訳の可能性あり。原典を参照したい方はOKCに登録せよ)
なるほど~。目から鱗です。ありがとうジョンさん~。 パベルの「ほとんど落とす」はそういうことだったのですね。

できれば良いDLのイメージを示してくれる動画が欲しい。Power to the PeopleのDVDが欲しいが、amazonでは入手できないようで、米Dragondoorからだと時間かかりそうだ。とぼやいていたら、こんな動画を紹介してくれた。これでスピード感を養いたい。

また、Jasonさんという人から、Gerard Trap Bar なるものを紹介していただいた。似たようなものを見たことがある。ひし形(Gerard Trap Bar)または六角形の鉄枠の両脇にオリンピックバーのウェイトをつける部分が付いていて、持ち手はナチュラルグリップ(両掌が平行)。通常のDLに比べ、より状態を直立させてやれるので、腰への負担が少ない、と。なるほどという感じ。また、DLで床につけないならば、ゆっくり下ろしなさいとのこと。ボトムでインパクトありますからね。

30前後の5年間位英語それなりに勉強しましたが、やっといてよかったです。世界広がる。
昨日は完全オフ。一度子供と一緒に寝て起きる予定が朝まで寝ていた。



No training. Rest day.


I finished my first reading of "Power to the People" by Pavel (Taikei recommended this book as the one of must). Something confused me is the way of lowering weight at Dead Lift. Pavel describes "push your butt back and let the bar almost fall past your knees. Go down with it". Every book and Japanese web information I have ever read recommended slow down. I wonder which is safer way to do DL.

John Wild from Orange Kettlebell Club kindly gave me advice.

I put transrated Japanese comment, but for English, resister to OKC and check out the thread!

The coment wake me up. Thanks John! When Pavel says "almost fall", he means this.

I want videos showing good dead lifts. I would like to get a "Power to the People" DVD from dragondoor (now not available from amazon), but it takes two or three weeks. Then, John introduced this video. I would like to learn the timing from this.

In the same thread, Jason introduced Gerard Trap Bar, a special bar for DL. I have seen the similar thing before. Less stress to the lower back because of more upright posture. He advised that if you do not touch the ground at DL bottom, get down slowly.

Learned a lot. Thanks John and Jason.

I studied English hard for 5 years around my 30 years old. Happy I did so.
プロフィール

Funky President

Author:Funky President
韓国在住1966生まれの日本人オヤジ
子供の頃運動が苦手でコンプレックスがありました。途切れ途切れながらちょぼちょぼ運動続けて今は歳からすると平均的な見た目と体力。50、60代でその歳からするとすげぇ、となるのが目標。継続は力なり!
スキーは結構うまい(JSA1級)。テニス、スノボ、ゴルフ、バスケットボールなど経験あり。
2007年秋からウェイトトレーニング、2008年夏からケトルベルを始めました。が、ケトルベルの前から肘を痛めており、悪化に伴い腕を使うトレーニングは10月から完全封印。11月末、よく調べたら肘の痛みは頸から来ているということが発覚。2009年2月頭より晴れてリハビリライトケトルベルトレーニング再開~!2009年10月、BIKE FRIDAY New World Tourist "Funky President 2009"号を入手。自転車も乗っています。...と、今度は右膝痛め、なんだかな...。落ち込まないためにトレンクルをオークションで落札ぅ!

Male, Born in 1966, Japanese living in Kerea.
Not good at sports in childhood, which caused inferiority complex. Keeping slight workout off and on, now average physical appearance and ability at my age. Trying to be excellent look and ability in 50s and 60s. "Persistence pays off. So don't give up. Just keep trying!"
Started resistance training in fall, 2007, and kettlebell in summer 2008. However, due to elbow pains which started before kettlebell, stopped any training using arm from Nov, 2008 to Jan, 2009. Now on rehab training with light KBs.
Good at ski (JSA 1st Grade), experianced in tennis, snowboard, golf, basketball, etc.
Got a BIKE FRIDAY's New World Tourist in Oct, 2009. Ride is fun. Now, suffering from knee pains in the right knee. To avoid getting into a negative mode, won a small bike in an auction! Yahoo!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Reps (?)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。