*All archives* |  *Admin*

2009/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小径車のタイヤの規格で歳が暮れる
タイヤの規格が乱立していて非常に分かりにくい。現在デフォルトのパナレーサーのパセラコンパクト 20×1.5 と 同ミニッツライト 20×1.25 を手配中、Schwalbe Durano 20×1.1 をリムに装着済だが雪の影響で試走できず、であるが、あちこちのサイトから情報を集めて Bike Friday New World Tourist など用にちょっと整理してみて今年のまとめとする。

パナレーサーの公式サイトの製品スペックで細めでグイグイ行くぞ~、と思うとミニッツライトになるが、色違いは別にして

1) ミニッツライト 20X1.25
2) ミニッツライト 20X1-1/8

が存在するようで、1-1/8 は小数点に直せば 1.125 であるが、単に 1.25 よりも細いタイヤで転がり抵抗低くてイイ、ということではないので、うっかり買ってしまうとはまらない、ということになる。

面倒な説明などいらん、という New World Tourist, Pocket Crusoe, Pocket Llama オーナーは、

お好きなタイヤ 20Xインチ小数点太さ

ショップがいい加減そうならば混乱を避けるために 406 HE というおまじないで確認すれば間違いないだろう。

お好きなタイヤ 20Xインチ小数点太さ 406 HE

New World Tourist な私の場合、パナレーサー ミニッツライト 20X1.25 406 HE と指定付きでオーダーして変なのが来たら激怒すればいいわけである。



これで、http://www.cb-asahi.co.jp/maker/275_239.html あたりを見てももう混乱しない、はず(笑)。入手可能な品に関してはぼちぼち調査していきたい。現在分かっているところでおきて破りのコマッタチャンが存在する。混乱に拍車をかけること必至:

SCHWALBE DURANO 20×1*1/8(406) BK  DURANOSCHWALBE DURANO 20×1*1/8(406) BK DURANO

SCHWALBE

商品詳細を見る

上は NWT 系に使える 406だが、まるっきり同じ太さ表示で WO 451 用もあるのだ。

SCHWALBE DURANO 20×1-1/8(28-451)SCHWALBE DURANO 20×1-1/8(28-451)

SCHWALBE

商品詳細を見る

本来大きいのだが写真サイズの関係で小さくなっている。同じに見えなくもない...。

Continental City Contact Reflex 20 x 1 1/4 なんていうのも IKD さんのサイトによれば HE 406 用。やはり、径を気にして購入した方がいい。

今ソウルは雪が残っていて、あるいは路面凍結して走れないのだが、
Schwalbe Marathon Winter 20x1.60 なんていうのもあるなぁ。泥除けも必要であるが、非常にひかれる。



ちょっと詳しく。

20インチのタイヤには2種類ある。
ETRTO:406とETRTO:451
同じ20インチでも互換性は全くなく、間違うと装着不可。
通常ETRTO:406はHE表記になっており20x1.25のようにタイヤの幅を小数点表示する。
ETRTO:451はWO表記で20x1-1/8のようにタイヤの幅を分数表示する。

ビード直径406 HE 20x1.25
ビード直径451 WO 20x1-1/8

HE(フックドエッジ)
HEは米国の規格。WOとはビード部の形状が異なり互換性はなく、また同じインチ数でもWOより一回り小さい。サイズはinch×inch小数点表記(例:26×1.75)。マウンテンバイクの黎明期の頃 2.125 インチのぶっといタイヤを装着した時の外径を測定基準にしていたことに由来するらしい。ホイール径に占めるタイヤの厚みが占める率が高いがゆえにタイヤの内径は小さくなっているというわけだ。

WO(ワイヤードオン)
WOは英国・フランスの規格で、ビード部の形状は英仏共通だが、サイズの表記が異なり、英国規格はinch×inch分数表記(例:26×1-3/8)、フランス規格はmm×mm表記(例:700×23c)。Bike Friday では、Air シリーズ、Pocket Rocket、Pocket Rocket Pro が 451WO 20x1-1/8 を採用している。

まーいい加減にしてほしいですな。



パーツ購入の考察を分割してアップしている間にガンガン換装は進んでいる。今日は朝出勤前に駆動系と変速系を取り外して、帰宅してからクリーニングしていて、さながら大掃除。除夜の鐘が聞こえるかと思ったが、家族がケーブルTVで紅白歌合戦を見ている横で組み付けを始めている。早く走りてぇな...。

BW スクワット三箇日で 2010、やるかなぁ...

皆様良いお年を。

スポンサーサイト
慶州ポンコツ自転車珍道中
釜山に近い位のかなり南の慶州へ家族で旅行に。愛車をいよいよスーツケースに入れて持っていくか悩んだのだが、メインの日曜日が雨らしいという Google の天気予報を参考に、持たずに出発。結局快晴といってよい良い天気であった。

後悔しつつもレンタル自転車でいわゆるMTBルック車というモノに初挑戦。
Lespo.jpg
本邦初公開のうちの男衆。おそろいのバイクだがあまりうれしくない。

Lespo という、多分韓国のメーカー(but must be made in China) のもの。整備がひどかった。とりあえず、レバーの根元で外れているブレーキのアウターをセットして、ユルユルのケーブルをアジャストボルトで張り、何とかブレーキが利く状態になった。それでもまだアクロバティックなワイヤー取り回し。
Lespo (2)

走りだしても前の変速がうまく動かず、アウターから自然にミドルに落ちてしまうし、インナーには変速できず。親指で強力にテンションをかけ続ければアウターにかけられるので、加速モードとして使用(笑)。
Lespo (3)


サドルも前上がりになっているし、柔らかいくせに尻が痛くなる。極めつけは、キックスタンドを上まであげ切ると内側に入ってしまいタイヤと接触。走り続ければタイヤバースト?ちょっとでこぼこがあるとこのポジションへ跳ね上がってしまうのであった。
Lespo (4)

整備していない自転車がこんなに乗りにくいものだとは知らなかった。ママチャリ風の自転車をあてがわれた妻も自分の自転車への愛着が増したようで良い経験だったといえる。

なんだかんだで普門観光団地から湖の周りを半周してから慶州駅の少し先で昼飯を食い、帰りはずっと川沿いを経て湖の反対側を半周したので、20km弱は走ったかもしれない。寒かったので Must to visit の仏国寺や石窟庵を訪れないというスゴイ旅であった。家事からの解放で妻がゆっくりでき、子供は食い放題で喜んでいたのでそれで良し。GPSだけでも持っていけばよかった Na。

BB・クランク・チェーンリングの互換性について
a-water さんとコメント欄でやり取りさせていただいています。初めての自転車ネタ交流。写真があった方がいいのでエントリー立てました。

SuginoChainRing.jpg
クリックで拡大

私のデフォルト構成は BBとクランクはシマノ 105 で、チェーンリングは Sugino のものです。よーく見るとクランクから出ている5本脚の先とチェーンリングのところに微妙に段差があります。黒脚の方が少し太いです(1mm には満たないか)。Sugino のカラーチェーンリングを使うのは CYCLETECH IKD さんでも初めてだったそうですが、使用上は、少なくとも私の感覚レベルでは全く問題ないです。

乗り始めて2カ月経ちませんが、すでにクランクは傷だらけですね。黒は傷が目立つと思います。

> クランクが中空になるのも105からみたいですし。
今のシマノのコンポでは Hollowtech II ですね。ボトムブラケットもパイプタイプで過去のものとの互換性なく、Hollowtech II 対応BB + Hollowtech II クランク + SuginoでもOK チェーンリング という感じでしょうか。BBは比較的互換製品が多く出回っていると思います。クランクは非常に互換製品が少なく、ちょっと探したところでは見当たらない位でした(Sugino のクランクも 元祖Hollowtech か オクタリンク 対応で II はないと思われ)。とんでもなく高いカーボンクランクなどちょっとムリ、って感じです。

カラーコーディネートしたい場合の現実的な選択肢は、
105 BB(もしくは互換BB)+105 クランク +Sugino チェーンリング
でしょうか。

クランクとチェーンリングはセットで付いてきますので、組み付けをお店でお願いしない場合は、105 のチェーンリングでどこかで現物合わせするのが最も確実かもしれません。IKD さんで組み付けもお願いするならば、色を指定すれば後はお任せで安心です。

FirstRide3.jpg
再掲載の初乗り時写真ですが、妻の方は青、私の方は赤、の Sugino カラーチェーンリングです。
105 のチェーンリングも予備としてくれます(妻の方は忘れられていたか付いていなかった 笑)。

妻は銀×青、私は黒×赤を極力選んでいます。そうそう、妻のBB+クランク+ハブは TIAGRA でしたが、私は黒にしたかったので 105 にしてもらったのでした。a-water さんと一緒です (^_^)/



昔のスタイルであれば、BB から全部シマノ以外でチョイス(もしくはヤフオクなどでシマノの古いパーツを入手)すれば選択肢はあると思います。オクタリンクならオクタリンク、Hollowtech なら Hollowtech、II なら II で、少なくとも BB とクランクはそろえないとダメ、チェーンリングは取り付けボルト穴を結ぶ円のサイズさえ合えばおそらく互換性あり、という風に理解しております。

ご参考になれば幸いです。お調べになって私の理解に間違いがありましたら、ぜひご指摘くださいね!

Bike Friday New World Tourist 改造計画 - その12
Bike Friday New World Tourist 改造計画、パーツ編第二弾。

ロック:
やっぱり取られたら嫌だ、なんてもんじゃないので、必需品。まぁ、目の届かないところには錠をかけても置いておきたくないが。

トレロック(TRELOCK) SK110 BK コイルケーブルロック 8mm×180cmトレロック(TRELOCK) SK110 BK コイルケーブルロック 8mm×180cm

トレロック

商品詳細を見る

縦にも横にもつけられるのが良いが、この手のものの常としてグルグル癖が強くて長さ 180cm と言いつつ、体感 50cm 位(笑)。


バーエンドキャップ:
初期装備は納品タイミングの違いか、妻のモノより妙に安っぽいバーエンドキャップがついておりあまり気に入らなかったのであった(そんなところで張り合うな)。こんなものに昼飯何食分か突っ込んでいいのか?などというとなにも始まらない。美しければそれで良し。

Kuwahara_Metal_Mushroom_II.jpg
クワハラ メタルマッシュルーム II


ボトルケージ用ネジ:
チタンにしてみた。チタンは固着しやすいらしいので何かグリスみたいなもの塗りこんでおかないとだめらしい。錆びなきゃ固着はないのかと思っていたがそうでもないんですなぁ。こちらも米国から輸入。いずれにしても、そのうち全ボルトチタンとか言い出しかねない。

GPSユニット:
GARMIN EDGE705。自転車用GPSとしては全部入りということらしい。見た目一昔前の携帯電話という感じ。半分位の薄さになるといいのだが。
Edge_705.jpg

まだ韓国の地図が入れられませんしくしく。まだケイデンスメータとスピードメーターの分割加工が終わっていないのでその取り付けできませんしくしく。であるものの、すでにブログで紹介隅のように、これは楽しい。相変わらずカロリーはおかしい気が激しくするわけだが。

日本の激安直輸入ショップで購入。PayPalで支払ったがちょっと連絡なく少々ビビり入ったが問題なし。

Bike Friday New World Tourist 改造計画 - その11
Bike Friday New World Tourist 改造計画、メインのパーツは終わり、小物~アクセ(笑)である。

照明:
身につけるものは別にして、まず保安部品として前照灯と後方灯。通勤道は比較的明るいので前後とも点滅モードにして俺はここにいますを発信している。

前照灯はPanasonic:

パナソニック LEDスポーツライトSLIM NL-821P ホワイトパナソニック LEDスポーツライトSLIM NL-821P ホワイト
(2009年カタログ掲載品)
Panasonic

商品詳細を見る

Panasonic LED Sports Light SLIM NL-821P-W
正直固定力がいまいちでお勧めではない。ゴムっぽい固定バンドを切れそうなくらい引っ張った上で固定しても微妙にずれる感じ。ビニールテープの下巻きとかすればいいのだろうけれども...。自転車が来る前に張り切って東急ハンズで入手したものだ(妻は銀、私は白)。単4×3本というのがちょいと中途半端。2本にして欲しいなぁ。ピカピカ灯の性能は特に文句なし。


後方灯は猫目(Cateye) TL-LD150-R。米国出張時に REI で妻の分も合わせて購入。

CAT_EYE_TL-LD150-R.jpg
CAT EYE TL-LD150-R

日本仕様は TL-LD130-R で電池のもちが違うだけ?と思ったら LED の個数が多かった。130 は3個、150 は5個。130 の外カバーの型も 150 のものそのまま使っているようだ。多くてより安心ヨ(笑)。単4×2本。


そうはいっても暗いところ走ることもあろう、ってなわけで、灯火の追加を決定。
保証がいながら Eneloop でも使えてとても明るいという評判の OLIGHT に決定。単3×2本。

OLIGHT_T25_Regular.jpg
OLIGHT T25 Regular CREE 7090 XR-E Q5塔載

HOLKIN から何の問題もなく購入。

マウントはハンドル回りをこれ以上ゴチャゴチャさせたくなかったので、サイクルベース名無しを参考に下記を組み合わせてフロントハブ軸外側に装着する予定。
あさひ オリジナルライトアダプター TOMOSHIBI-R(灯火-R) ショートタイプ ブラック
ミノウラ QB-90 ワンタッチ-シングルボトルケージホルダー
TOPEAK センターラインマウントブラケット[TMR-2C]マイクロロケットCB/ALマスターブラスター用


バーエンドベル:
これも保安部品。扇工業 OH-600バーエンドベル。自分にはブラック、妻にもシルバーを。
扇工業 OG バーエンドベル(プラチナ/ブラック) Y-8863扇工業 OG バーエンドベル(プラチナ/ブラック) Y-8863

扇工業

商品詳細を見る

扇工業 OH-600バーエンドベル

バーエンドに装着するベル。やっぱり歩行者さんに後ろから接近するときは必要ですね。現状ゆっくり走ってついて行き広いとこまで待っていますが、かえってびっくりされることもあるし、ストレスたまることもあり(笑)。

Bike Friday のオプションに採用されているものと同じモデルじゃないかと思っている。標準で付いてくる折りたたみ時にグニャっと曲げる標準装備のボトルケージも猫目製だし、まだまだ小技は日本人強いです。


バックミラー:
普段使いも車や後続車を軽くチェックできていいけど、夫婦で自転車で出かける時は必須。気付いたらいない...となると、ほれ、後で色々あるわけで。というような思惑で購入。

ZEFAL 472SPYスパイミラーZEFAL 472SPYスパイミラー

zefal (ゼファール)

商品詳細を見る

ZEFAL 472SPYスパイミラー

Y's Road新宿で購入したが、なかなかつける場所が難しく試行錯誤中。とりあえず前輪ハブ左側に、フォークとクリックリリースレバーをまとめてゴムどめ、である。明るいところならば左ペダルを上にすれば後ろがある程度分かる。

また、ヘルメットにつけるタイプも米国から買ってみた。あまり期待していなかったが、やっぱり感強し。

Bike Friday New World Tourist 改造計画 - その10
パーツとしてはこれが最後、かな。

ブレーキワイヤーとシフトワイヤーの換装である。シマノのものはとても評判が良く、パーツについてくるもの使えばいいじゃん、なのだが、色が黒か灰であり、なんだかな、と。当初のアウターは赤にしていただき、結構気に入っているが引きが重い。

NOKON
ワイヤー+樹脂製ライナー+アルミピース の構成で、短いアルミピースにより急な曲げにも対応可能であり、通常のワイヤーシステムより軽量であり、引きも軽くなるという話。まぁ、見た目重視であることに間違いない。ちまちまとビーズ細工をしなければならないようで、いつ取りかかるか不明である(まだ日本に置いてあるし)。

NOKON.jpg
写真は Y'z Road さんのサイトからいただいた。通販はしていないようだが NOKON は海外通販並みに安いらしいし、サイトにはブログ含め紹介記事がある。これとか。

Power Corz
ザイロンというプラスチックでできたワイヤーで、当然金属より軽い。太さの違うリムをとっかえひっかえするようなときに、たびたび長さ調整をするようだと、少し耐久性に心配がある、かなぁ。マイナー商品のため、そんな特殊なレビューは今のところ見たことがない。

powercordz.jpg

NOKON用の専用ライナーも用意されている。
PowerCorzNokonLiner.jpg

これも Y'z のブログで紹介されていた。これ。Y'z Roadさんの上野アサゾーにて購入。た、高いですね。

ちゃんと測って手配したわけでもないので、寸足らずとなる可能性もあり...。まぁ、ぼちぼち行きます。一部 シマノパーツには評判の良いワイヤーセットが付属していて、まぁ、もったいないわけだが、よしよし。

Bike Friday New World Tourist 改造計画 - その9
チェーン。クランクと一緒に回るチェーンリングの回転をスプロケットに伝える重要な部品。チェーンドライブ、ベルトドライブ、シャフトドライブという位で駆動系の華(か?)。ギアとチェーンというのは何か自転車を象徴する部品達のようにも思う。

もともとは Shimano Deore CN-HG53。
Deore-MTB-CN-HG53.jpg


チェーンクリーナーも入手手配したもの、外して洗浄できた方がいいな、と。Shimano も最高峰の Dura Ace 7900 シリーズの専用チェーンは取り外しできるようになっているし(関係ない)。Shimano のチェーンと KMC 社 ミッシングリンク なる小部品の組合せで使うつもりでいたが、WIPPERMAN CONNEX-911 シマノ・カンパ9s対応 がバーゲンセールになっているのを発見。訳ありなのか?しかし、モノは悪そうでないので買うことにした。予備も買っちゃった(笑)

wip-b-cn911.gif

WIPPERMAN CONNEX-911 シマノ・カンパ9s対応

しかし、ミッシングリンクの種類すごいな...。

まれにチェーンが外れる。フロントローでリア重めの時に段差などあってチェーンのテンションが低いと落ちやすいようで、そもそもそんな状態にしてはいけないのかもしれないが...。Y's Road にて衝動買い。ACECO SPORT GROUP のチェーン脱落防止具 K-Edge Braze-on Chain Catcher。

kedge_gunmetal.jpg
K-Edge Braze-on Chain Catcher

プラスチックで 250円位、自作でこんな素敵なものを作ってしまう方もいらっしゃるのを後から発見すると、随分高いもんだ。が、見た目と時間短縮のためというエクスキューズにて突進(というかそもそも衝動買い)。色は赤でなくその場にあったガンメタ。



韓国はブッダの誕生日もキリストの誕生日もお休み。日本を出るときに人事から、「韓国は休日も多いですよ」といわれたもんだが大ウソで、むしろ国際競争力強化で休日を減らすという風にも思える。そんな貴重な休日であるが、おしごと...。だ。明日から小旅行。今日からにしないでよかった

Bike Friday New World Tourist 改造計画 - その8
クランク周りでの変更はボトムブラケット(BB) と、付け替え用のペダルだけである。チェーンリングをそのまま使いたいので、クランクもそのままでいいかな、と。クランク単品ってなかなか売っていない、というのが今までの所の印象だ。

BBはセラミックベアリングを使用したものへ。キャップ以外は中に入ってしまう地味なパーツだが、脚の上下動を回転運動に変換するその正に中心にあるパーツ。オレに鋼球とセラミック丸の違いがわからなくても愛車は喜ぶはずだ、くわっ。というわけでオーダー。これは英国通販の定番 Wiggle より。日本語表示も用意され、大して買わなくても送料無料オプションあり。大していっぱい買わないでも自動ディスカウントステータスに突入したり、と非常にいい感じのサイトである。ポンドが安くなったころから自転車野郎の間で大人気のようだ。日本の景気回復だけ考えてはいけないヨ。(笑)

20091205 Hope Ceramic Bottom Bracket
Hope Ceramic Bottom Bracket Ceramic Road レッド

外に出るのはキャップだけだが、無駄に内側も赤いところあり、勝負パンツ赤みたいなもんで脱がせてみないと分からないです。


ペダルは現在普通の靴用だが、スピードを出す際にはビンディングペダルもトライしてみたいし、大腰筋などHipflexerを強化するのにも脚を引き上げる動きは役に立つでしょうそうでしょう、というわけで、現在ついている取り外し可能な MKS の EZY MT-E ペダルと互換性があると思われるビンディングペダル MKS MM-CUBE Ezyペダルを購入。クリート(靴についていてペダルのビンディングと嵌合する部品)はオリジナルだがシマノPDS対応の靴のクリートと付け替えられるそうだ。まだ靴は買っていない。自転車道をガンガン行ける時はビンディング、ストップアンドゴーが多い時はノーマルペダルで。付け替えは1分あればできるのでこれならモノグサマンでも問題ないだろう。
MKS_MM-CUBE_Ezy.jpg
MKS(三ヶ島) MM-CUBE Ezyペダル

続きを読む

Bike Friday New World Tourist 改造計画 - その7
次のフロントディレイラーは少々ややこしくなる。


フレーム直付けの制限から、フロンドディレイラー(FD)はロード用から選ぶ。元々つけてもらったのは Shimano フラットバーロード用コンポ FD-R440-F Black ダブル だが、ペランとして質感がよろしくない。Shimano 9 Speed なんてシールですよシール。
FD-R440-F.jpg
フラットバーロード用コンポ FD-R440-F


ここもオーバースペックで Shimano DURA-ACE FD-7900-F を採用。いいのいいの、趣味の世界。今時のモノは前 3 speed × 後 10 speed 対応らしいのだが、前 2 speed は全然問題なく、後 9 speed でも使えるようだ。プロの勝負決するレベルなら問題なのかもしれないが。って、そもそもちゃんとセットできるかも不明であるが(笑)。
Dura-Ace_FD-7900-F.jpg
DURA-ACE FD-7900-F


ここで問題になるのがフロント用シフトレバーである。バーコンをHハンドルの下側につけるという手もあるが、ラピッドファイヤーに慣れた今、そりゃどうよ?しかし、MTB用シフターはロード用と引きしろが違うのでロード用のFDは制御できない、と。色々調べたところ 米JteK社製 Shiftmate Straight #7s なるモノを噛ませれば MTB用レバーでロード用ディレイラーを制御できるようだ。

張り切って発注しようとして問い合わせたところ、製造元が事業をたたんだのでもうない、とのお返事が。失意のうちにうらみがましく製造元 Web を再訪したところ、2009年11月24日から息子が事業を受け継いで Shiftmate の供給再開との告知。頑張れ一子相伝最強スモールパーツ伝説。

しかし、どうもこの大きさ(30mm位?)のモノを噛ませるのもなんだし、折りたたむ時に干渉したりワイヤーがゆるんで変なことにならないかなぁ、と調べていたところ、バーコンやWシフターのレバーを使って、サムシフターを実現してしまおうという台座がありました。Paul Component Engineering の Thumbeeという代物。

mtthumbietiny.png

直接問い合わせをしたらばすぐ返事をくれていい感じでした。購入はブレーキと同じCorombia Cambria Bike Outfitter にて。

結局バーコンやWシフターならフロント側はフリクション(カチカチやってチェーンを定位置に止めるのがインデックス、無段階で動かせるのがフリクション)だと思うので、特にフロント2速仕様の私にとってはラピッドファイヤーである必要は全然ないという結論に。そもそもラピッドにシフトする必要などないだろうお前、というもっともな突っ込みはさておき(実は一気にシフトチェンジする時はサムシフターの方が速いような気もするだと思われる)。MTB 用と Road 用があるが、ハンドル径の小大によるもののようだ。よって MTB 用をチョイス。

左手はサムシフター、右手はラピッドファイヤーという構成であり、珍しくて大変よろしい。

見た目でWレバーの方がいい感じなのだが、親指にタコができそうなので柔らかそうな素材が使われていそうなバーコンを購入して流用することに決定。Shimano バーエンドシフトレバー SL-BS79。もったいないけど片側だけ使用である。将来、フロントシングル、リア○速というようなものを組む時のために待機かな~。

Dura-Ace_SL-BS78.jpg
バーエンドシフトレバー SL-BS79


ふと思ったが、外人さんは右手後ブレーキかつ後ろ変速、左手前ブレーキかつ前変速の世界に生きていて、右手は後ろ担当、左手は前担当、と分かりやすい。日本仕様は、右手前ブレーキかつ後ろ変速、左手後ろブレーキかつ前変速、と考えてみれば無茶苦茶わかりにくい。慣れているので屁でもない、っつーかそうでないと心配な位だが。RDも本当はローノーマルの方がFD操作とRD操作が揃って分かりやすいんだろうな。

換装前:
Shimano Deore ブレーキレバー BL-M590 左
Shimano フラットバーコンポシフトレバー SL-R440 Black 左

換装後:
Shimano バーエンドシフトレバー SL-BS79
Paul Component Engineering THUMBIES Thumb Shifter Mount Black for Shimano MTB



英国 Wiggle から日本へ送ってもらったものは関税かからなかった気がする。3日ほど前から米国 Corombia Cambria Bike Outfitters から韓国へ送ってもらった荷物が空港で引っかかっている雰囲気。FedEx に問い合わせてみると、どうやら税金を払う必要あり。バカスカ追加で頼んだのが裏目に出たか。1.5万円ほど朝銀行振り込みで支払ったところ、夕方には届いていた。安く買ったんだか何だかわからなくなる...。ま、授業料です。

続きを読む

Bike Friday New World Tourist 改造計画 - その6
メーカーを変えて...というのに比べると、同メーカーのパーツのアップグレードというのはあまりエキサイティングでもないか?でもトキメキ、だ(笑)。

車も乗らないし、酒は大して飲まないし、たばこは吸わないから自転車にはお金かけてもいいのだ、というわけのわからない理屈に基づき、ホイールとは違い目的別に使い分けるでもなく、替えたらパーツが余る部分に関してもガンガン換装準備が進んだわけである。全然エコじゃないようにも思えるが、日本で待っているMTBと同じパーツだから予備になるし、ヤフオクで誰かにかわいがってもらってもいいし、部屋に置いておいたらフレームが生えてくるかもしれないし、と色々言い訳してみたりする。

まず、リアディレイラー(RD) は Shimano Deore から XTR へ。XTRも色々あって、トップノーマルか、ローノーマルかで迷う。デュアルコントロールレバーがよさそうでそこも魅力を感じ、それと推奨組み合わせのローノーマルに相当引かれた。

将来ロード用を買ったりするかもしれないというレアな未来の可能性と、20年来のなれた操作感、後シャドーカッコイイ!という実はこれが一番大きかったりする理由でトップノーマルへ。ワイヤーが後ろに出ないところもマル。今のところカーボンマニアではないが野山を日常的に走ってぶつけるわけではないのでカーボン仕様にしてみた。トータルキャパで問題なさそうなのでSGSではなく短めのゲージケージ(修正)をチョイス。小径車だと長いものだと下に当たりそうな恐怖感があるので。

Deore-MTB-RD-M591-S.jpg
こちら Deore

XTR-RD-M972-SGS.jpg
こちら XTR


Shimano が出している XTR用歌舞伎パーツ、YUMEYA(今年 Dura Ace 用も出た)。金綺羅でちょっとな、なのだが、このスペシャルプーリーセット YM-RD82 は金部分なしの白のみ。

Shimano_YM-RD82.jpg

レースに出る人は決して使ってはいけないパーツのような気もする(通常品より割れやすいとおことわりがある)が、私なら問題はない!白いフレームに白いプーリーでかわいい、というだけで十分に理由になる。チェーン清掃を怠ると黒くなるだろうからチェーン清掃へのモチベーションUPにもつながる一石二鳥パーツだ。


換装前:
Shimano Deore RD-M591-SGS, Black

換装後:
Shimano XTR RD-M972-GS + Shimano YUMEYA プーリーセット:YM-RD82



RDが決まれば自動的にラピッドファイヤーシフター+ブレーキレバーに決まり。Shimano MTB用であればどれでも互換性あるが、ここは揃えて XTR である。型番、BLはブレーキで、M970 というのと M975 というのがある。M970 はVブレーキ用、M975 はディスクブレーキ用なので、通販でつい間違えないように。

Deore-MTB-BL+BL-M590.jpg
Shimano Deore BL-M590

XTR-BL-M970.jpg
Shimano XTR BL-M970


元はシマノフラットバーロード用コンポ、というわけだが、おもちゃ感高し...
SL-R440-9L.jpg

XTR_SL-M970.jpg
Shimano XTR SL-M970


右側レバー
換装前:
Shimano Deore ブレーキレバー BL-M590 右
Shimano フラットバーコンポシフトレバー SL-R440 Black 右

換装後:
Shimano XTR ラピッドファイヤー SL-M970A 右レバー
Shimano BL-M970 Vブレーキ用右レバー

なんで右だけ?の謎は次回

続きを読む

Bike Friday New World Tourist 改造計画 - その5
ブレーキ編

良く走ったら良く止まらないと、という高尚な理由ではなく、見た目重視戦略でブレーキ選定に入った。

日本では前ブレーキは右のレバー、後ろブレーキは左のレバーで操作する。もともと欧州から来た自転車だが、あちらではブレーキレバーの左右が逆らしい(米も)。よって伝統的にブレーキパーツも欧米を倣っていて、ブレーキでは正面から向かって左側からケーブルをつけるようになっていて、これは欧米式で左手を前ブレーキにすればすっきりワイヤを取りまわせるが、日本式だと正面からみてワイヤーが逆S字のカーブを描くことになる。


ツウな方々は左前ブレーキとしているらしいが、昔から慣れているし、ビジネスパーソンは左前はまずいだろう。

また、昔のカンチレバーブレーキなら真ん中から引くから関係ないのだろうが、MTB用のVブレーキ、ロード用のキャリパーブレーキ共左右非対称なのでこの問題が発生する。Vブレーキは横から引くので、パイプをつけてグイーンと曲げることになるが、急な曲がりは抵抗強そうという素人考えもある。

そこで見つけてきたのが Cane Creek Direct Curve 5 である。

Cane_Creek_Direct_Curve5-l.jpg

これは左右のアームを入れ替えることが可能で右手レバーから出たワイヤーを正面向かって右側のロングアームで引かせることができ、ワイヤーがすっきりする、と。また、Direct の名に反映されているのだと思われるが、Vブレーキ用の急カーブ金物なしでアウターを直接ブレーキに入れる形になる。CNC加工のボディ~アームデザインもちょっと変わっていていい感じ。

アメリカの通販 Cambria Bicycle Outfitter で予約中。日本で買うと倍位のイメージだ...。この店、追加注文を二度したり、いろいろ質問したが丁寧に返答してくれるし、いい感じだ。韓国に送ってもらうように手配していて、年内に届いてほしいな、と。

以下は Direct Curve 5 に限った話ではない。New World Tourist の場合、Vブレーキのアームとクランクが干渉しないように注意する必要があるそうだ。細いリムに合わせておいて、後で太いリムをつけてブレーキを広げたらクランクに当たりました、などということのないように気をつけなければならない。Direct Curve 5 は意外と横への出っ張りが少ないようだが、今のところ想像にすぎず、後の取付け編で大変さをいやというほど味わうことになるのだろう。

換装前:
Shimano Deore Vブレーキ BR-M590, Black

換装後:
Cane Creek Direct Curve 5

Bike Friday New World Tourist 改造計画 - その4
ホイール編

まず高速化が頭にあった。自転車道を走っている時に追い風だとトップギアがもう少し重くてもいいかな、という感じなので。どうせ1分位しか踏み続けられないのだが(笑)。

高速化といえば、タイヤを細くして、ギヤ比を変えて、となる。どうせならばホイール交換だけで走破性重視と高速性重視を変えられたらうれしい。すると、フロントチェーンリングを大丁化するよりも、リアのカセットスプロケット(以下スプロケ)を小丁化するべき。が、今付いているShimano Deore CS-HG61-9 のはトップが 11T でフツーのスプロケではこれが最小。

これ以上小さいものは Shimano Capreo 用のスプロケ CS-HG70-S しかなさそうである。すると、他に互換性がないため、フリーハブも Capreo となるわけだが、こちら、あまり走行性能は高くないという Web での評判である。まーフロントチェーンリングを変えてもいいかな、でもいちいち交換することは性格的にあり得ないな、と思いつつ、あちこち Web を探し回った所、金澤輪業さんに行きあたった。

最初は Capreo 化をあきらめつつ、オリジナルカーボンハブ+オリジナルリムに関して問い合わせをしたのだが、Web にまだ載せていない Capreo 互換フリーハブがあり、こいつが Dura Ace 並みの回転性能を持つとのこと。色も選べるし(笑)。でででではお願いします、というわけで商談成立。大阪のイベント前でお忙しいところでしたが迅速にメール対応して下さり感激でした。イベント明け3日目には発送のご連絡をいただきました。

スーパーラブマシーン1号(ホイールの名前です):

リム: ALEX RIM DA16 20" H
スポーク: 黒
ハブ: 105 エンド幅100mm
タイヤ: Panaracer パセラコンパクト 20×1.5 レッドライン


リム: ALEX RIM DA16 20" H
ハブ: 105 エンド幅130mm
スプロケ: Shimano Deore 9速 CS-HG61-9, 11T-34T
タイヤ: Panaracer パセラコンパクト 20×1.5 レッドライン


フレイムスピードスター2号(同じくリムの名前):

リム: 金澤輪業オリジナルリム 赤 24H
スポーク: 黒 ラジアル組
ハブ: 金澤輪業オリジナルハブ 赤 エンド幅100mm
タイヤ: Panaracer ミニッツライト 20X1-1/8 ブラック

後:
リム: 金澤輪業オリジナルリム 赤 24H
スポーク: 黒 ラジアル組
ハブ: 金澤輪業オリジナル Capreo互換 フリーハブ 赤リム
スプロケ: Capreo スプロケット9速 CS-HG70-S 9T-26T
黒バテッドスポーク
タイヤ: Panaracer ミニッツライト 20X1-1/8 ブラック

古い(といっても2カ月だが)リムも用途別に使い分けるので、全く無駄ではない、と正統化しやすい部分であった。新リムは幅が細いそうで、何とかブレーキレバーのアジャスターで調整できる範囲であることを祈る。

ちなみに、Capreo セット以外のリアディレイラーの最小対応ギアは11Tだが、9Tでも問題ないらしい。

本当はアルミ電解着色っぽい赤よりも塗料の赤の方が好きなのだが、ともかく大分赤備え率高くなった。真田日本一の兵 古よりの物語にもこれなき由、ってことで。タイヤも赤まじりだとしつこいので黒と予備で白を買ってみた。



...つもりだったが、日本の実家でほとんど時間がなく、急いでパッキングして、韓国に戻ってから検品したところ、タイヤがない!実家に忘れてきたかと思いきや、良く発注履歴を見てみると漏れていた...。韓国で何か調達する。

Bike Friday New World Tourist 改造計画 - その3
Bike Friday New World Tourist のフレームについて

フレームは体のサイズに合わせて選んでくれる(というのは私の推測、Buil to order: BTO とはいえ余程特殊なサイズ以外はいちいち注文から溶接はしないと思うのだがどうなんだろう)。色も選べるが、標準色以外は $50~175の追加料金。色見本は CYCLETEC IKDさんのサイトのできがいいようで、たしか本家からもリンクが張られていた。

フロンドディレイラ―(FD)の台座がフレームについているので FD はロード用になる。マウンテンバイク用 FD はフレーム直付け用はないらしい。

フロントエンド幅100mm、リアエンド幅130mmである。リアエンドが130mm幅なので、フリーハブはロード用からチョイスする必要があるが、フロントハブはどちらでも最近のモノは幅100mmのようで問題なし。

以上からロードパーツを想定しているかと思いきや、ブレーキ台座はVブレーキ用。ツアラーってそんなもん?ドロップハンドルにしたい場合はブレーキワイヤーの引きしろがロード用ブレーキレバーと MTB 用ブレーキレバーで異なるため、Travel Agent などで調整が必要となる。もしくはミニVブレーキ。私は高速化というものの、ハンドルはドロップにせず、Bike Friday オリジナルHバーのまま。

換装・改造とは関係ないが以前のっていたバイク Mangoose IBOC Sports は、フレームはクロモリだが、ストレートリジッドフォークはハイテンション鋼でブレーキブースターもつけていたのでカチカチ、だったと今にして思う。Bike Friday はフォークもクロモリな上にハンドルピラーが長いので引きつけるとグンニャリするような感覚がある。

もともとつけていただいたクランクセット Shimano 105 は前2速×後10速用にギアを Sugino 製に変更したものだが特に問題ないようだ。何で前2速にしたんだっけな?3速でも問題ないはず。Bike Friday Configuration 例ではみんなフロント3枚だ。

以下、数回に分けて、パーツ購入に至るまでを記すが、まだつけていないのでつけたらどうなるかさっぱりわからなく(笑)、妄想に近い。ネジなめたり、ディレイラー調整ができないで、泣きながらやるのかしらん。



日本へ出張するので、実はこのところの記事は予約投稿。本日19日は母の誕生日だが、日本でパーツを受け取る日でもあり、今ころ大コーフン中のはずだ。(笑) なので、20日からは換装が始まるわけだが、まだパーツ選択に至るまでが始まってもいない(笑)



Bike Friday New World Tourist 改造計画 - その2
Bike Friday New World Tourist 改造計画 - その2

改造の前に、そもそもこの自転車について。

BFNWT.jpg
これは本国のサイトからいただいた画像。私のとは色もパーツも違う。

アメリカ合衆国オレゴン州の Green Gear Cycling 社で作られている折りたたみ自転車。オールクロモリフレームで、走りに妥協しない折りたたみ自転車といわれ、20 インチ WO (451 mm) の少し大きめのホイールを使ってさらに走りを強化した Pocket Rocket シリーズはトライアスロンなどにも使用され、折りたたみを考え抜いた tikit シリーズは世界最速折りたたみを実現、二人乗り、三人乗りやらバリエーションは広い。New World Tourist はその中でも最もベーシックなツーリングモデル。おそらくこれ(もしくはその祖先)をベースに MTB 仕様、ロード仕様、など拡張していったものと思われる。妻の Pocket Crusoe なども New World Toursit の軽量版ということだろう。

Bike Friday New World Tourist General Information

ちょっと訳してみた。英語ってよほど極端な書き方でない限りまじめなトーンなのか柔らかいのか分かりにくい(私の英語レベルでは)。全ての翻訳は超訳なんじゃないだろうか?この能書きはやたらびっくりマークを多用しているので砕け調なんだろう。



New World Tourist は Bike Friday の一番人気モデルですヨ!そりゃそうで、受賞経験ありの NWT デザインの全ては、ライダーとしての、トラベラーとしての君へのサイコーのサービスを目指しているんだ。

サイコーな乗り心地
NWTの乗り心地はスゴイ。そして君のしたいようにカスタムビルトされるんだ。老若男女、身長140cmから2m、短胴長脚、長道短脚、なんでもござれだ!406mm ホイール、タイヤ、ハンドルの形、荷台、泥除け、ギヤ比とコンポーネントのチョイスで、ワールドクラスのツーリングバイクも、レクレーショナルハイブリッドも、スポーティなロードバイクも作れるんだ。NWTは他のどんなバイクよりも色々な事が出来て、多くの人にぴったりさ!

サイコーの旅
NWTさえあれば、もう君の相棒を家に置き去りにすることは二度とないんだ!大陸の(訳注、いや俺たち島だし、オレ半島だし)ドコにでも連れて行ってくれる位タフだし、でも、大変な思いをして運ぶ必要のない軽さなんだ。30秒もあれば小さく折りたたんで、車、タクシー、バス、電車、ボート、軽飛行機にだって載せられる。そして、何分かあれば飛行機に預ける普通のサイズのスーツケース(オプション)の中にパックできるんだ。そして、そのスーツケースは君の荷物を自転車で引っ張れるトレイラーに変身!NWTは旅の便利の極致!



本家 Bike Friday のパーツ構成例を見ても結構ロード系とMTB系が混在していたりする。

Bike Friday New World Tourist 改造計画 - その1
我が愛車、New World Tourist は現行の Bike Friday のラインナップの中でも一番歴史があると思われ、色々な派生モデルを生んでいる。フルクロモリフレームで、セッティング次第でマウンテンバイク寄りにもロード寄りにもなる、と思う。自分の初期セッティングはワイドギアレシオのマウンテンバイク寄りにしつつ、タイヤはデコボコなくして街乗りを快適に、というコンセプトであった。

20091107 (2)

走り始めると、意外と整備されていた自宅から事務所までの自転車道路。もう少しスピード出して走りたいのと、(単に趣味の世界に没入しているだけだが)パーツのアップグレードを試みたくなった。交通事故の保険金もいささか手に入り、1ヶ月以上経っても異常がないので医療費につぎ込む必要はなさそうだという台所事情も一助である。もう一台買ってしまおうかという案もあったのだが、色々考慮してこの形に落ち着いている。

こんな部品換装記録が誰かの役に立つとも思えないが、世の中には大して分かっていないのに自分でやってみようとかやらざるを得ない人もいるかもしれず、また自分の覚えの意味もあり、記録を残して行きたい。

まず、愛車を購入するときにもお世話になり、今回遠方に住んでいるから自分でパーツ交換してみたいというわがままな要求にもかかわらず、快くアドバイスを下さった高崎の CYCLETECH IKD さんに感謝。

また、交換用ホイールを組んで下さった金澤輪業さんにも感謝。

共に、高いものを売りつけようということではなく、ユーザーの立場で考えてくれるので超好感度大です。両店とも、小径車の世界では聖地のようですが、ただ技術だけでなく、ただ品ぞろえだけでなく、満足を与えてくれるお店、そりゃみんなから愛されて当然。

Shimano 系のパーツを購入した 自転車部品.com さんも迅速な対応に感謝。お値段結構安いと思う。基本は海外製品は海外で、日本製品は日本で買った方が安いですね。店員さんと意外なつながりがあってびっくり!

その他おいおい紹介していきますが、問い合わせさせていただいた、あるいは購入させていただいた国内ネット通販自転車店の皆さん、とても対応も早くて素晴らしかったです。嫌な思いをしたことは今のところ一度もなし。海外のネット通販も良いですね!

ケミカル増殖中
先々週近くの店で買い物したが、同僚が通販で頼んでくれたものがようやく届いた。間違えて発注されたものも悪いので引き取ったり、最終的にはあまりお買い得ではなかったかも(笑)。基本昔 MTB 用にもルブなど使っていてなんとなく良い思い出のある FINISH LINE を中心に探してみた。

20091212_3.jpg

Finish Line のディグリーザー。これは日本でもおなじみですね。スプレー缶タイプとボトルタイプ。匂いは前回の BIKE X のものとかわらない感じ。子供なら飲んじゃいそうだが、ボトルタイプのキャップは薬のキャップみたいにただひねってもあかないようになっていて、さすが訴訟大国アメリカ製である。BIKE X を試してみたらジャンジャン汚れ落ちるので、韓国にいる限りそれでいいじゃん、という感じだ。
FINISH LINE Citrus Degreaser 500ml 11,200KRW 今なら 950円位か?
FINISH LINE Citrus Degreaser 360ml 10,400KRW 今なら 810円位か? 某通販サイトで1,200円なのでお買い得


20091212_5.jpg

左が誤発注品。FINISH LINE 1-STEP CLEANER & LUBRICANT。一本で汚れ落としも潤滑も、ってわけである。Krytech を使える状態になるまで使って、後は子供の自転車にでも。
FINISH LINE 1-STEP LUBRICANT 120ml 8,000KRW 今なら620円位か? 某通販サイトで800円なのでお買い得

真中がお目当ての FINISH LINE Krytech WAX Lubricant である。比較的新しいウィンドブレイカーを着て、事務所の階段を自転車担いで上がった時に、ばっちりチェーンリングの印をつけてしまってから使いたかったのだ。完全な脱脂が必要なようなので、チェーンクリーナーなど完備してからの使用。
FINISHLINE Krytech WAX LUBRICANT 120ml 7,200KRW 560円位?某通販サイトで800円なので超お買い得

右は FINISH LINE CERAMIC GREACE で、先日買ってあったグリースガンに装着。スコスコ押してもなかなか出ない、が、そのうちスコスコがスコスコスコスコと速くなり、グリースガンにグリースが回っている感じ。スコスコスコスコスコスコスコスコスコスコスコスコスコスコスコスコと繰り返しても出てこないので一回あけちゃいました。行っているようなので、再度装着、仕様と思ったら軟いプラスチックチューブのネジ舐めました。orz

でも、メタルと軟プラスチックならそのままメタルをダイスにしちゃえ、ってわけで奥まで回しました。慎重に取り付けてスコスコ100回やれば出るはずなんで、後は触らないこと、ですね。
FINISH LINE Ceramic Grease 60g 10,400KRW 今なら 810円位? 某通販サイトで914円なのでお買い得


日本では呉工業初め、ゴムや樹脂を傷めない自転車用も色々あるが、韓国ではなかなか万能潤滑スプレーが見つからなくて、ようやく探し当てたのが、こちら。

20091212_4.jpg

Weldtite~日本ではあまり流通してないですかね。自転車用英国製。10年近く使っていなかったモンキーレンチの調整回転部が非常に回りにくかったですが、ちょいと注したらクルクルです。気持ちいい。

TF2 Rubricant Splay with Teflon Surface Protecotor (450mm) 12,000KRW 940円位
英本国のサイトから適当に訳すと、こんな感じ。
• テフロン分子コーティングが低摩擦と高潤滑を実現
• 水を寄せ付けない成分
• チェーンの接合部への高浸透性
• 保護層を形成して埃を寄せ付けず、表面をきれいにする

大体必要かな~、というメンテ用品はそろった。後は楽しくメンテだ~

初めてのチェーン洗浄
土曜日の朝、チェーン洗浄をちょっとやってみた。BIKE X Citrus Cleaner にスプレーガンをつけて、チェーンを回しながら噴射。スプロケットもチェーンリングも。RDのプーリーも。スゲー、っていう位ウェスに汚れが。何度やってもかなり出てくる。ぴかぴかになって気持いですなぁ。仕上げに FINISH LINE 1-STEP CLEANER & LUBRICANT を注して終了。かなりスムーズに回るようになった気がする。

米国の通販に注文したチェーンクリーニングマシーンは年内に届くか、という感じ。それまでは今のやり方で、と思いつつ、自転車屋に KMC のミッシングリンクというチェーンをワンタッチで外せる小部品が売っていた(5,000 KRW)ので買ってみた。日本では2個組だが、1個ずつ売られていた。チェーンを1コマ外してこれと交換すればチェーンを外して灯油やディグリーザーにどぶ漬して芯まで洗浄できるらしい。下の写真は10速用。

ケーエムシー ミッシングリンク 10Sチェーン用ケーエムシー ミッシングリンク 10Sチェーン用
KMC

商品詳細を見る


すでに廃番の SHIMANO Vブレーキブースターを発見したので購入してみたが、ネジ等の取り付け部品が同梱されていず、やむなく返品。おしい。今度日本の SHIMANO に電話して取り付け部品だけ手に入れられれば買う予定。

12/6 ~ 12/12 走行記録
合計距離: 72.91km
合計時間: 4:54:06
平均速度: 14.9km/h
最高速度: 41.9km/h
合計カロリー: 4,164cal ウソだろ

忙しかったり雨だったりで毎日は乗れなかった。次の週は出張もあるから少ないかな...と思いつつ、そういえば日曜日だけで 50km 弱走ってたっけ。

Missing Link Install - ミッシングリンク装着
進化の過程の失われたつながり、犯罪における犯人の意外なつながりか、が、自転車でミッシングリンクといえば、KMC社の Missing Link である。

ケーエムシー ミッシングリンク 10Sチェーン用ケーエムシー ミッシングリンク 10Sチェーン用
KMC

商品詳細を見る

上は10速用だが私は9速なので9速用。韓国ではバラ売りしていた。

チェーンツールを使わないでもチェーンを簡単に外して洗浄などできるというもの。早速導入へ。

まずチェーンツールでチェーンのコネクトピンを抜く。チェーンはフロントインナー、リアトップの走る時は禁じ手のポジションにした。テンション低い方が作業しやすそうなので。

トピーク スーパー チェーン ツール TOL044/TT1302トピーク スーパー チェーン ツール TOL044/TT1302
TOPEAK(トピーク)

商品詳細を見る

私が持っているチェーンツールは携帯用のもの。これしかないんです、っていうか、チェーン切るの初めてです。

20091213_1.jpg

1コマ外すので、天才バカボンに出てくるおまわりさんの目を両方つぶすイメージで。チェーンの駒は外-内-外-内-外-...となっているので、外を外す。上の写真では右側はすでにピンを抜いてあって、左側を抜き始めるところ。上に針金みたいなものがあるが、これはツールに付属しているもの。チェーンのテンションがかからない状態で作業できるのでいいと思う。大きめの事務用クリップ、針金やピアノ線を加工すれば自作楽勝だろう。

所定の位置にチェーンをセット。ピンより若干細い押し棒の根元がネジ状になっているので、このツールの場合六角レンチを使って押し込んでいく。ピンにしてみれば押し出されていくことに。このチェーンツールの押し棒はかなり遊びがあるので、注意してセンターを確認しながらやらないと折れてしまうかもしれない(実際サイクルベース名無しでは折れると評判)。最初はかなり固い。「ペキン」と音がして(折れたかと思ったドキドキ)ピンが抜けるとそこからはスルスル回る。

20091213_2.jpg
手前の黒い押し棒が圧入され、反対側にピンの頭が出ているのがわかる。ここから抜ききるまでまた少し抵抗が上がる。

20091213_3.jpg
無事とれた所で記念写真撮影。右手前が KMC Missing Link である。

上下で微妙に違いがあるという話があり、とりあえず、下側の時に KMC のロゴがさかさまになるようにセットすることにした。セットしたら針金ツールを外してミッシングリンクを上に持っていき、タイヤを片手で固定してペダルを順方向に軽く踏んでやると。「キンッ」と音がしてミッシングリンクが嵌合する。これやらないとテンションが低いときにチェーンがねじれたりすると外れたり、そもそも変速に悪影響が?まぁ、走っているうちにはまるかもしれません。

20091213_4.jpg
こんな具合でとりあえず完成。昨日チェーン掃除したのに、会社往復で結構汚れてるなぁ。

20091213_5.jpg
外した方の SHIMANO のチェーンの部品。きれいな加工で、こんなの100個つなげて1,500円以下とかで売ってるなんてすごいなぁ、と思っちゃいました。何かの時のためにサドルバッグに入れておきます(チェーンをつなぐアンプルピンは入手済)。

KMC は SHIMANO のチェーンを OEM 生産しているとかどこかで読みましたが、KMC Missing Link の加工はとても SHIMANO の一齣あたり十数円のものにかないません。ちょっと厚みも薄い感じ。自社品を作る時は知的財産関連がいろいろ大変なこともあるのでしょうね。

今からテニスに自転車で行くので、装着後インプレッションは後ほど。

続きを読む

新発見? ー 元祖・凄い簡易サドルバッグ
サンドバッグだと思ったトレ関係の方、スミマセン。サドルバッグです。

一時期自転車に乗ると何処だかがずっと圧迫されて血流が制限されるので、性的不能になるとか話題になり、その後、スリットの入ったサドルが色々作られている。まぁ、そんなにハードに乗るはずもなく、そもそもそっちの出番が少ないとはいえ(笑)、お守りとして穴あきサドルを使っている。

今はサンマルコ(昔サンマルコのスキーブーツ履いていたけど、一生履きたかったけど、割れてしまったけど、関係ないメーカーかな?)のマントラ(ノウマク・サンマンダ・ボダナン・ナントカ・ソワカ みたいな、そりゃ真言?)というものを装着している。白くて良さそうだったから(笑)

20091212_1.jpg

会社の同僚が通販でオイルを買ってくれた。小さなものだが、ちょっと漏れていてべとつくのでポケットには入れたくない。かばんに入れるには大げさ。...!睡眠不足で論理的な思考能力が低下しているが、こんなときに右脳が閃く、これだ!!

20091212_2.jpg

(これは帰宅してから家にあった布のバッグにコロコロコミックを入れて撮影したもの)

これは画期的。隙間のところに結ぶだけですよ!もちろん想定外の仕様法なので強度は保証できないが、体重支えてるんだから軽いものなら問題ないでしょ。小径車なのでサドルとホイールのクリアランスはたっぷりある。ちょっとしたコンビニの買い物とからなラクショーなはず。昨日は 120ml ボトル×2を入れて25km/h 程度の巡航速度でしたが、なんの問題もなく。

いままで拝見した自転車ブログでこれを見たことなし(っつーかこんな使い方をする馬鹿は他にいない)。元祖・インスタントサドルバッグ宣言! 2009年12月12日 Seoulにて

続きを読む

お疲れさまでした to be continued, though
忙しく、体調も悪く、な一週間でありました。昨日は事務所のヨガマットで寝た。意図していたよりも寝すぎてしまったが、おかげで体調はともかく頭は少しさえて仕事がはかどった。やっぱり睡眠は大事だ。(笑)

週末も来週も忙しいが、今晩は小休止で、風呂入ってゆっくり寝よう。

自転車事務所→自宅片道のみ 41分
Ad
別に頼んだわけでもないが、テンプレートに組み込まれて Ads by Google がブログにくっついている。普段は編集画面しか見ないのだが、たまたま目にした本日の広告は

Ads by Google
メトロ韓国語アカデミー - www.mka.kr
平日 週末 個人 韓国語クラス光化門・市庁駅から徒歩3分!
ソウルバックパッカーズホ - www.seoulbackpackers.com
ソウルで世界の旅行者が集まる安くて楽しめる有名なゲストハウス
車椅子パーツ・アクセサリ - kurumaisu-pro.com
国内・海外から新製品が続々と入荷中自分だけの1台にドレスアップ!


一番目、その韓国語学校は私が通っている(けど12月は一度もいけない落ちこぼれ)ところです。さすが Big Brother Google の監視能力は伊達ではない。(笑)

二番目、へー。バックパッカーズホ ってなんでしょう?ちょっと飛んで行ったけど Back Packer's Hotel じゃないみたいだ。

三番目、リハビリ、パーツ、あたりから出てきたのか、なぜか車椅子パーツ・アクセサリーとかなり絞り込まれた広告である。Schwalbe, Panaracer, KENDA と、自転車でも有名なタイヤブランドが並ぶ。車椅子も凝りだすと自転車以上に金がかかりそうだ。

さ、息抜き終了。お仕事お仕事。しかし風邪薬のおかげさんで集中力が高まらない...

体調悪し
火曜の昼位から肌がゾゾっと。熱が出る兆候の。Vitamin B+C、Vitamin C、風邪薬、高麗人参液など流し込み。

行きは自転車だったが、帰りは遅くにTAXIで。どうやら昼間雪が降ったようで、地面が濡れていて、場所によっては凍っていた。自転車でなくて正解か。火曜の朝も水たまりは全て凍っていたし...。

寝てる場合の作業進捗状況でもなかったが、集中力もなく、いったん寝る。起きてもあまりよろしくなく、自宅にて作業となった。

ハゲ具合が
あ、そっちの話じゃなくて。ツルツル具合っていうか。って、その話でなくて...

タイヤの話。妻と私とそれぞれ自転車に同じタイヤ色違い(Panaracer パセラコンパクトの赤と青)をはかせていますが、体重、車重、走行距離全てにおいて不利な私の方がタイヤの減りが早い。まあ、あたりまえなんですが、乗り始めてから2週間かそこらでこれだけ差が出るとはびっくりです。

ちょっと今週は忙しそうで、ほぼ徹夜になるとしか思えないスケジュールの日が2日ほどあります。はよ寝よ。

寒くなってきた、か
最低気温‐3℃最高気温2℃。なんかマイナスの方が絶対値大きいって強烈である。夜テニスに自転車で向かったが、途中の路上の水は全て凍っていて、工事現場の前、ガソリンスタンドの前などは要注意だ。漢江沿いの道も散歩とランニングの人が散見されたが自転車は一台も出逢わず、これは初体験だ。

テニスうまくならない...。最初からわかっているこったが、ストロークがダメダメだ。常に速くフルスイングといわれるが、面オープンで当てに行ってしまう。

Sunday, December 6, 2009

Bike ride: 20 minutes
Tennis lesson: 60 minutes
Bike ride: 20 minutes

忙しいときに限って
来年の予算編成などで忙しい。試験が迫っているときに部屋の掃除をしたくなったりマンガを読み始めて全巻読破してしまったりという性質は、今でも消えることがないようで、やたら自転車のことを調べたくなったり書きたくなって(というか調べたり書いたりしているのだが)しまう。

明け方雨が降ったのか、地面が濡れていた。朝のテニスはなし、自転車も乗れず。昼過ぎに事務所に行ったが、雪が舞っていて、そう遠くはない山はうっすらと雪化粧。

12月5日(土)
Tennis Lesson: 30 mintues

Weekly Ride Record 2009/11/29-12/05
一週間ごとの走行記録がソフトで集計できる。雨などもありあまり走っていない印象だ。土曜までの集計だが道が濡れているから今日は走らないだろう。

2009/11/29-12/05

Total distance: 42.08km
Total Time: 2:12:12.94
Ave Speed: 19.1 km/h
Max Speed: 42.2 km/h
Total calorie: 1,610 cal
Ave bpm: 116
Max bpm: 154
Motor Cycle
自転車の数ほどではないが、普通のスクーターやバイクも前より増えているようだ。

2年ほど前までは、でかい荷台をつけた荷物運搬用と、配達用の原付だけだった。それがこのところ、スポーツバイクや大型スクーターが増えている。二輪車を下賤の乗り物と見るような風潮が変わってきたこともあるのだろう。

荷物運搬、配達用のバイクのマナーの悪さは目に余る。信号無視は当たり前、狭い歩道だろうがバリバリ入ってくる。それに比べると、新バイク族はマナーがいいようである。今日二人乗りの一人ノーヘルでつかまっていたけど(笑)

個人的には自転車の方が増えてた方がうれしいが。

パーツ交換仕様検討中
忙しいといいながら、自転車の部品の交換に関していろいろ夢想を巡らせている。もう一台自転車買えるじゃ~ん、だったりする。実際、もう一台自転車を買うつもりだったのだが、それをやめたのだからいいのだ、と、自分を納得させてみる。小径車なりの制限があるのだが、制限がある中でいろいろ工夫するというのは楽しいものである。仕事も同じ、...の境地にはまだまだ遠いが。

月末身体測定 - Monthly Masurement
ほんのり全体的にサイズダウン。誤差っちゅう感じですが。

身体測定(12月1日) Masurement (Dec 1)
体重 (Weight): 81.2kg
体脂肪率 (BFR): 21.2%
筋肉率 (BMR): 33.7%
胸囲 (Chest): 104.0 cm
臍回り (Waist): 87.0 cm
尻周り (Hip): 96.0 cm
二の腕 (Upper Arms): L/R - 33.0/36.5 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R - 53.0/51.5 cm

身体測定(10月31日) Masurement (Oct 31)
体重 (Weight): 81.6kg
体脂肪率 (BFR): 21.0%
筋肉率 (BMR): 33.8%
胸囲 (Chest): 105.5 cm
臍回り (Waist): 88.0 cm
尻周り (Hip): 97.5 cm
二の腕 (Upper Arms): L/R - 32.5/35.0 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R - 54/52 cm

身体測定(10月2日) Masurement (Oct 2)
体重 (Weight): 79.6kg
体脂肪率 (BFR): 20.4%
筋肉率 (BMR): 34.5%
胸囲 (Chest): 105.0 cm
臍回り (Waist): 88.0 cm
尻周り (Hip): 97.0 cm
二の腕 (Upper Arms): L/R - 32.0/34.0 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R - 52/53 cm

身体測定(9月2日) Masurement (Sep 2)
体重 (Weight): 81.2kg
体脂肪率 (BFR): 20.6%
筋肉率 (BMR): 34.0%
胸囲 (Chest): 105.0 cm
臍回り (Waist): 87.0 cm
尻周り (Hip): 96.0 cm
二の腕 (Upper Arms): L/R - 32.0/35.0 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R - 53.5/51.5 cm

身体測定(8月10日) Masurement (Aug 10)
体重 (Weight): 81.0kg
体脂肪率 (BFR): 21.8%
筋肉率 (BMR): 33.2%
胸囲 (Chest): 106.0 cm
臍回り (Waist): 87.0 cm
尻周り (Hip): 96.0 cm
二の腕 (Upper Arms): L/R - 33.0/35.0 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R - 54.0/52.0 cm

身体測定(7月1日) Masurement (Jul 1)
体重 (Weight): 82.8kg
体脂肪率 (BFR): 22.7%
筋肉率 (BMR): 32.9%
胸囲 (Chest): 106.0 cm
臍回り (Waist): 89.0 cm
尻周り (Hip): 97.0 cm
二の腕 (Upper Arms): L/R - 33.0/35.5 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R - 53.0/51.5 cm

身体測定(6月1日) Masurement (Jun 1)
体重 (Weight): 82.9kg
体脂肪率 (BFR): 20.6%
筋肉率 (BMR): 34.3%
胸囲 (Chest): 106.5cm
臍回り (Waist): 88cm
尻周り (Hip): 97cm
二の腕 (Upper Arms): L/R -34.0/36.0 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R -54.0/52.0 cm

身体測定(5月2日) Masurement (May 2)
体重 (Weight): 81.9kg
体脂肪率 (BFR): 21.6%
筋肉率 (BMR): 33.5%
胸囲 (Chest): 106.0cm
臍回り (Waist): 88.0cm
尻周り (Hip): 98.0cm
二の腕 (Upper Arms): L/R -34.0/36.0 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R -53.0/52.0 cm

身体測定(3月31日) Masurement (Mar 31)
体重 (Weight): 82.2kg
体脂肪率 (BFR): 21.2%
筋肉率 (BMR): 33.4%
胸囲 (Chest): 104.0cm
臍回り (Waist): 89.0cm
尻周り (Hip): 97.5cm (New)
二の腕 (Upper Arms): L/R -34.0/36.0 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R -53.0/52.5 cm

身体測定(2月28日) Masurement (Feb 28)
体重 (Weight): 81.8kg
体脂肪率 (BFR): 22.5%
筋肉率 (BMR): 32.9%
胸囲 (Chest): 104.5cm
臍回り (Waist): 88.0cm
二の腕 (Upper Arms): L/R -34.0/35.5 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R -53.0/52.5 cm

身体測定(1月31日) Masurement (Jan 31)
体重 (Weight): 81.8kg
体脂肪率 (BFR): 23.4%
筋肉率 (BMR): 32.4%
腕含み胸回り (Chest+Arms): 126cm
胸囲 (Chest): 104cm
臍回り (Waist): 89cm

身体測定(新年1回目) Masurement (Year Biginning)
体重 (Weight): 82.7kg
体脂肪率 (BFR): 24.0%
腕含み胸回り (Chest+Arms): 124cm
胸囲 (Chest): 106cm
臍回り (Waist): 91cm
プロフィール

Funky President

Author:Funky President
韓国在住1966生まれの日本人オヤジ
子供の頃運動が苦手でコンプレックスがありました。途切れ途切れながらちょぼちょぼ運動続けて今は歳からすると平均的な見た目と体力。50、60代でその歳からするとすげぇ、となるのが目標。継続は力なり!
スキーは結構うまい(JSA1級)。テニス、スノボ、ゴルフ、バスケットボールなど経験あり。
2007年秋からウェイトトレーニング、2008年夏からケトルベルを始めました。が、ケトルベルの前から肘を痛めており、悪化に伴い腕を使うトレーニングは10月から完全封印。11月末、よく調べたら肘の痛みは頸から来ているということが発覚。2009年2月頭より晴れてリハビリライトケトルベルトレーニング再開~!2009年10月、BIKE FRIDAY New World Tourist "Funky President 2009"号を入手。自転車も乗っています。...と、今度は右膝痛め、なんだかな...。落ち込まないためにトレンクルをオークションで落札ぅ!

Male, Born in 1966, Japanese living in Kerea.
Not good at sports in childhood, which caused inferiority complex. Keeping slight workout off and on, now average physical appearance and ability at my age. Trying to be excellent look and ability in 50s and 60s. "Persistence pays off. So don't give up. Just keep trying!"
Started resistance training in fall, 2007, and kettlebell in summer 2008. However, due to elbow pains which started before kettlebell, stopped any training using arm from Nov, 2008 to Jan, 2009. Now on rehab training with light KBs.
Good at ski (JSA 1st Grade), experianced in tennis, snowboard, golf, basketball, etc.
Got a BIKE FRIDAY's New World Tourist in Oct, 2009. Ride is fun. Now, suffering from knee pains in the right knee. To avoid getting into a negative mode, won a small bike in an auction! Yahoo!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Reps (?)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。