*All archives* |  *Admin*

2010/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トレンクル関連パーツなど到着 ~その6
トレンクルのハンドル一体型ハンドルポストをぶった切る用意はできていて、パイプカッターが日本で待っている。

ハンドルも 高崎 CYCLETEC IKD さんから出荷のご連絡をいただいた。

あとは間をつなぐステムが必要。なかなかポスト 25.4 mm、クランプ 25.4 mm というのはないのだ。もちろんシムをかませば OK (Bike Fridayもそうだし) なのだが、ジャストサイズはないものかと彷徨った。

全然知らなかったのだが、中古スポーツ自転車・パーツ専門店サイクリーSHOP さんを発見。

一つレトロな曲線のいい感じのがあったのだが、売り切れてしまった。が、もう一つブックマークしておいた 日東 / アヘッドステム 110mm/25.4mm/25.4mm というもの、確保できましたの連絡あり。これを磨いて使おう。写真を手に入れる前に売約済みで Web から消えてしまった。次回日本に行ったら受け取りだ。110 mm の、多分ほとんど水平の突き出しなので、サドルも標準から上げることを考えると、だいぶポジションに余裕が出ると思われる。

前回届いていたバーテープ、バーエンド、土曜日に受け取ったブレーキレバー、この辺でとりあえずハンドル周りの部品は揃った。インナーワイヤーが手に入らないが、とりあえず今ついているもので問題ないだろう。ハンドルの露出部と中古のステムを磨きあげるためにケミカルも必要だ...。アルミ磨きマニアは車やバイク関係でもたくさんいるので情報は多すぎる位だ。一度はやるが後は手間がかからん方がいいな...。まあ、大した面積ではないが、アルミの粉で手が真っ黒になるのは見えている。

ハンドルポストに関しては折りたたみをやめて抜き差しタイプ(Bike Fridayのように)にする改造もあるそうだ。軽くなるし、大した手間ではないのだから、それやってみようかな。どうせならばチタンポストかな?...とか考えなkがら久々に Bike Firday のハンドルポストを抜いてみようと思ったら、なんとワイヤーが短すぎて抜けない(爆)。調子に乗ってつめすぎたようだ。一度ハンドルを分割してから抜けばいいので大したことはないのだが、間抜けである。しかし、あまりワイヤーがたるんでいるのも見た目間抜けでもあり、悩ましいところだ。

軽量化には逆行するが、Bike Friday では Tikit の成功に刺激を受けて、他のモデル向けにも折りたたみハンドルポストを開発したようだ。

スポンサーサイト
月末身体測定
やっぱり記録はつけなくっちゃ。例えひどい有様でも現実を直視しなければ始まらない。...ということで約半年ぶりに身体測定した。完全脱力ちゅうのは読んで字のごとしで、全く腹筋に力を入れない状態で初めて測ってみた。普通に測った分との差、4.5cm が腹筋で抑え込まれて逃げ場がなく横隔膜挙上になっているのかもしれない。どっちにしても日本のメタボ基準 85cm は超えている。膝を壊し動けないので5月頭から多少食事に気をつけるようにしたので、これでも 2kg 位は体重減っている。胸囲、上腕とも落ちていて、筋肉率の測定値以上に筋肉が落ちているような気がする。

・食事制限継続
・上半身は腕立て伏せとチューブプルとアイソメトリック
・下半身はアイソメトリック

これで月2~3キロのペースでできるだけ筋肉を落とさずに体重を減らしたい。...と虫がいいかな。

身体測定(5月30日) Measurement (May 30)
体重 (Weight): 80.7kg
体脂肪率 (BFR): 21.9%
筋肉率 (BMR): 33.1%
胸囲 (Chest): 103.5 cm
臍回り (Waist): 88.5 cm 完全脱力: 93.0cm
尻周り (Hip): 95.5 cm
二の腕 (Upper Arms): L/R - 32.0/34.5 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R - 53.0/51.0 cm

身体測定(12月1日) Measurement (Dec 1)
体重 (Weight): 81.2kg
体脂肪率 (BFR): 21.2%
筋肉率 (BMR): 33.7%
胸囲 (Chest): 104.0 cm
臍回り (Waist): 87.0 cm
尻周り (Hip): 96.0 cm
二の腕 (Upper Arms): L/R - 33.0/36.5 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R - 53.0/51.5 cm

身体測定(10月31日) Measurement (Oct 31)
体重 (Weight): 81.6kg
体脂肪率 (BFR): 21.0%
筋肉率 (BMR): 33.8%
胸囲 (Chest): 105.5 cm
臍回り (Waist): 88.0 cm
尻周り (Hip): 97.5 cm
二の腕 (Upper Arms): L/R - 32.5/35.0 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R - 54/52 cm

身体測定(10月2日) Measurement (Oct 2)
体重 (Weight): 79.6kg
体脂肪率 (BFR): 20.4%
筋肉率 (BMR): 34.5%
胸囲 (Chest): 105.0 cm
臍回り (Waist): 88.0 cm
尻周り (Hip): 97.0 cm
二の腕 (Upper Arms): L/R - 32.0/34.0 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R - 52/53 cm

身体測定(9月2日) Measurement (Sep 2)
体重 (Weight): 81.2kg
体脂肪率 (BFR): 20.6%
筋肉率 (BMR): 34.0%
胸囲 (Chest): 105.0 cm
臍回り (Waist): 87.0 cm
尻周り (Hip): 96.0 cm
二の腕 (Upper Arms): L/R - 32.0/35.0 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R - 53.5/51.5 cm

身体測定(8月10日) Measurement (Aug 10)
体重 (Weight): 81.0kg
体脂肪率 (BFR): 21.8%
筋肉率 (BMR): 33.2%
胸囲 (Chest): 106.0 cm
臍回り (Waist): 87.0 cm
尻周り (Hip): 96.0 cm
二の腕 (Upper Arms): L/R - 33.0/35.0 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R - 54.0/52.0 cm

身体測定(7月1日) Measurement (Jul 1)
体重 (Weight): 82.8kg
体脂肪率 (BFR): 22.7%
筋肉率 (BMR): 32.9%
胸囲 (Chest): 106.0 cm
臍回り (Waist): 89.0 cm
尻周り (Hip): 97.0 cm
二の腕 (Upper Arms): L/R - 33.0/35.5 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R - 53.0/51.5 cm

身体測定(6月1日) Measurement (Jun 1)
体重 (Weight): 82.9kg
体脂肪率 (BFR): 20.6%
筋肉率 (BMR): 34.3%
胸囲 (Chest): 106.5cm
臍回り (Waist): 88cm
尻周り (Hip): 97cm
二の腕 (Upper Arms): L/R -34.0/36.0 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R -54.0/52.0 cm

身体測定(5月2日) Measurement (May 2)
体重 (Weight): 81.9kg
体脂肪率 (BFR): 21.6%
筋肉率 (BMR): 33.5%
胸囲 (Chest): 106.0cm
臍回り (Waist): 88.0cm
尻周り (Hip): 98.0cm
二の腕 (Upper Arms): L/R -34.0/36.0 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R -53.0/52.0 cm

身体測定(3月31日) Measurement (Mar 31)
体重 (Weight): 82.2kg
体脂肪率 (BFR): 21.2%
筋肉率 (BMR): 33.4%
胸囲 (Chest): 104.0cm
臍回り (Waist): 89.0cm
尻周り (Hip): 97.5cm (New)
二の腕 (Upper Arms): L/R -34.0/36.0 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R -53.0/52.5 cm

身体測定(2月28日) Measurement (Feb 28)
体重 (Weight): 81.8kg
体脂肪率 (BFR): 22.5%
筋肉率 (BMR): 32.9%
胸囲 (Chest): 104.5cm
臍回り (Waist): 88.0cm
二の腕 (Upper Arms): L/R -34.0/35.5 cm
腿(垂らした指先で測定) (Tighs): L/R -53.0/52.5 cm

身体測定(1月31日) Measurement (Jan 31)
体重 (Weight): 81.8kg
体脂肪率 (BFR): 23.4%
筋肉率 (BMR): 32.4%
腕含み胸回り (Chest+Arms): 126cm
胸囲 (Chest): 104cm
臍回り (Waist): 89cm

身体測定(新年1回目) Measurement (Year Biginning)
体重 (Weight): 82.7kg
体脂肪率 (BFR): 24.0%
腕含み胸回り (Chest+Arms): 124cm
胸囲 (Chest): 106cm
臍回り (Waist): 91cm
天気がいいのだが
自転車にも乗れないし、外で運動もできないし、散歩もままならない。つまらないものだ。
朝プールで歩いて横歩きをしたら膝の上の方に少し痛みが。一進一退。

下の息子(中2)が妻より少し背が高くなり、妻(168~169cm位)は家で一番小さくなったと喜ぶ。今のところ長男よりも私の方が背が高いが、足のサイズは既に二人に負けており、いずれ抜かれるのだろう。体重は圧倒的に勝っているが(笑)

トレンクル関連パーツなど到着 ~その5
そうこうしているうちに時は5月29日。米国から出張してきた友人がブツを韓国に持ってきてくれた。

2010-05-29 21.47.38
Paul Component Engineering Canti Lever

Thumbies サムビーズ の仕上げを見てもいい感じだし、本家を見ても丁寧にモノを作っているのは明らかだ。大量生産ローコストの権化でありながら、こういう少量良品生産の会社が結構たくさんあり、しかもビジネスとして成り立っているところ、なんだかんだいってもアメリカは懐が深いと思う。そりゃ標準の、3D に自在に動いてしまいそうなブレーキレバーと比べるとカッチリ感は大違いである。早くつけたいよ~。


実は、下記も一緒に届いていたはずだが、箱を開けてみたら Paul だけだった。orz 出発前の確認では家に届いていたはずなので多分忘れてきたのだろう。また後のお楽しみだ。

Power Cordz

Bike Friday New World Tourist にも使っている、アラミド繊維を使ったブレーキ、ディレイラー用コード。今回は専用の潤滑剤と Nokon 用ライナーも購入。
Derailleur Cordz Set 1.2mm (DPC-FDS12)
Derailleur Cordz Set 1.2mm (DPC-FDS12)
Mountain Brake Cordz Set & Clasp (DPC-FMS02)
Rock-N-Roll Cable Magic
Nokon Compatible Liner (DPC-FLI01)

それ待っている間に、ギリシャの神々に感謝しつつ Wiggle で これまた Bike Friday New World Tourist にも使っている、Nokon をポチっと。黒も良さげだったが、シルバーで。こりゃ次回日本に行った時に実家で受け取る予定、だったがインナーがないのでこれも据え置きかな。Nokon の Web は情報少なすぎでほとんど役に立たないが、下記の二つと同じ構成で Bike Friday New World Tourist の4本をまかなえたので、あり余るはずだ。余りでネックレスとブレスレットでも作るか?
Nokon Road Bike Brake Cable Set Silver
Nokon Extra Long Gear Cable Set Silver

本日の治療
まだ右膝の内下側と外上側が Definitive でない。水がたまってボヨンとしているというわけだ。

まず先生の触診で「Good」と。

Erectro Shock Wave Therapy (ESWT) のデカくて痛い方 1,200発。またしてもうめくほど痛かった。膝蓋骨の上にも四頭筋の靭帯があるんですな。そこも異常に痛くて涙が滲んだ...。

ヒアルロン注射外側からの後、リハビリセンターへ。無茶苦茶混んでいるようで、再来週月曜日に Examination、その後2時間/回のリハビリセッションが始まるとのこと。

徐々にだが回復してきているようだ。ふぅ

誕生日?
確か今日はドラゴンクエストの誕生日だったのでは?満24歳?この前実家に行ったらこんなものが。

2010-05-22 07.47.38

もう本体もないんですけどね。説明書はないが状態はいい。復活の呪文をメモっていたのを思い出した。去年は IV を子供と遊んださ。

トレンクル関連パーツなど到着 ~その4
2010-05-22 18.13.38
英国 Carradice バーレイ

反射素材のプリントがあるが、これは多分上向いていて宇宙人にしか見えないような気がする。

2010-05-22 18.14.24
蓋をあけるとベルトを掛けるための木の棒があり、裏地にヘリンボーンが使われていたりして、なんとなく英国を感じたりする。黒はいいけどやっぱり皮はナチュラルカラーがいいなぁ、と思いつつ、ポンプやらタイヤ圧力ゲージやら入れてにやにやする。サドルに取付けるクランプとそこからワンタッチで外れるバッグサポーターも同時購入。取付けはまだだ。シムが届かず、シートピラー未取り付けのため。

気づいたら a-water さんと志向が似ているかも。真鍮ベル、Carradice、Sella An-atomica、そして何よりも Bike Friday だ。

2010-05-22 18.09.58
ダイヤコンペ バーエンドコントローラー

これって、あの全然効かないブレーキと同じ会社のものだが、質感素晴らしい。加えて動かした時のメカメカな音がたまらない。これはバチバチ音のする固いシマノとは全く違う魅力だ。かなりいいモノだと思う。とりあえず初乗りでものすごく急いで多段化する必要はないかと思っていて、出番は少し先かもしれないが、眺めているだけでもウットリ系のパーツだと思う。

トレンクル関連パーツなど到着 ~その3
トレンクル初乗りの後実家に戻ると、今日届きました、なホットな箱たちがお出迎え。Wow!間に合ったか!(翌日韓国に戻る)

2010-05-22 17.56.33
Wiggle袋1、Wiggle箱1、サイクルベースあさひ箱1、だ。

2010-05-22 18.02.59
Sella An-atomica Titanico Normal Leather Gold

なんか不織布とメッシュでできたバッグに入っています。取り出してみると、こんな感じ。

2010-05-22 18.04.37
さすがの美しさ。裏側は天然素材を感じさせる汚れもあったりますが。

2010-05-22 18.06.23
一緒に送られてきた、お揃いの Sella An-atomica Leather Bartape、 同メンテナンス用オイル、Diatech バーコン。

2010-05-22 20.17.11
昨日送られてきていた Gilles Berthoud のバーエンドキャップ

2010-05-22 20.28.14
色あわねぇ。バーエンドキャップはともかく、同じメーカなんだからサドルとバーテープはもう少し何とかしろよ感あり。バーエンドキャップは韓国に持ち帰り、次回来日まで手でベタベタ触ってエイジング促進する計画を即採択。まあ、特にサドルの色はいい感じ。

2010-05-22 20.37.23
とりあえずシートピラー付けてみて純正と比較。

2010-05-22 20.36.48
穴あいていますなぁ。アタリマエ。

2010-05-22 20.38.29
下を合わせるとこれだけ上に来る。これで適正高さに持って行けるのは間違いない。

今回も写真多め重めにつき、続く。

PRP 3回目
土曜日通院予定だったが、思うようには出張から帰れず(韓国連休のため飛行機込みまくり+トレンクル受け取りハハハ)、今日行った。

ハーフパンツで行ったので、待ち時間に左右の膝をしげしげと眺めると、明らかに右の内外が腫れているのが分かる。はー。まずは水抜き。外側から膝蓋骨の裏に針を刺す感じで。前々回 5/4: 40ml、前回 5/14: 45ml で 本日 5/25 27ml、少しはましになっているのかもしれない。お釣りに PRP を 1ml 注入。

膝を伸ばした状態でのアイソメトリックが問題ないならば、プランクやプッシュアップは問題ない?と聞いたらOKとのこと。極浅を除く膝曲げと、脚をひねる動きは避けるように、と。

チャックテイラーで行ったら、ヒールカウンターがしっかりとついている靴にしなさいといわれた。

トレンクル関連パーツなど到着 ~その2
さて、トレンクルを受け取って杉並の某有名店の開店準備を信号待ちついでに眺めつつ、荻窪を目指す。荻窪で愛と革命の味ナカムラヤインドカリー(22日は何かの日で看板カレーが400円引き!知らなかった)を食し、某所にてちょっと仕事してから新宿へ。

まずは東急ハンズから。素材で見たいものがあったので、ついでに自転車関連のところに行ってステム取り換えの相談をしてみた。

やっぱり東急ハンズの対応は神だ。そこで買ったわけでもないのに、トレンクルは初めて触ると喜んでご一緒して下さった。ハンドルポストを切ってアヘッドステムをつけることは可能だと。アホなことに今回韓国からノギスを持って来忘れたのだが測ってくださり、25.4mmプラスアルファで、25.4mmのものを探せばOKとのことだが、現在扱っていないサイズだと。設計時とバランスが変わるのでもったいない感じがしますとのお言葉。ふむ。しかし、ここは妥協できないです。「交換した米式バルブが余っていたら分けていただけませんか」とお願いしたら下さいました。これを何に使ったかはそのうち UP。

感謝の意を込め特に必要でない(けど見たら欲しくなった)アルミバルブキャップを買い、別フロアでペダルにかぶせるウレタンの袋を2個、さらに別フロアでパイプカッター(^_^)v買った。輪行袋はペラペラのナイロンなので、TAIOGA の角ですぐに穴があきそうなのと、外した時にもいいな、ということで。タイヤの圧力ゲージも買おうと思っていたのに忘れてしまった。ごめんなさい。

新宿三丁目あたりにある Y's Road の地下じゃない方へ。ここでタイヤゲージの件を思い出し、後ろリフレクーが付いていないことを思い出し、潤滑スプレーがないことも思い出した。

2010-05-22 17.49.25
本日の戦利品。


2010-05-22 17.50.00
Panaracer BTG-F タイヤゲージ

デュアルヘッドのデジタルは持っていて、今回も持参したのだが、毎度持っていくのも面倒だし、仏式だけでいいのでこれを。噂にたがわぬ質感で素晴らしい。なんか、自転車でない時も持って歩きたい位。


2010-05-22 17.54.07
TOPEAK レッド ライトUFO

そんな情けない名前だとは韓国に戻って Web で確認するまで気づかず。トホホ。Bike Friday は CAT EYE だが、別に義理立てする必要もなく、別のを選んでみた。

ノーマルトレンクル、シングルギアでも結構いけるなぁ、という感じで、新宿三丁目~代々木~参宮橋~中野坂上~代々木上原などあっという間だ。膝の件もあるが、ちょっとした上り坂なんか歩いてしまえばいいのだ。トレンクルで歩いてもちっとも恥ずかしくない。おねぇさんにママチャリ(オネチャリ?)で抜かれても気にならない。

そして実家に帰ると...。

はじめましてトレンクル
土曜日、興奮したか、朝6時前に自然に目覚めた。いよいよ今日はトレンクルとご対面だ。

道具と今すぐ取り付けられるパーツを持って出発。これまた西荻窪に早く着きすぎ、駅前のファミレスで時間つぶし。膝が何ともなければ歩く距離だが、バスで受け取り場所に向かう。少し早く着きソワソワ。昨晩からメールを見ていなかったので、念のためチェックしたところ、受け取り場所変更の連絡が...。

この後少々まごついたが、無事変更場所での受領!50km ほどしか乗っていないとのことであったが、かなり良い状態の様だった。ありがとう。大事に乗りますね。

早速近所の公園に行って...
2010-05-22 11.55.25
カワイイ。

2010-05-22 11.54.43
後ろ姿も良い。

2010-05-22 12.16.43
ヘッドは TANGE だが、US Patent なんとかと書いてあり、何か特殊なもののようだ。

2010-05-22 12.16.12
デザイン的にはイマイチな純正スタンド。

2010-05-22 12.16.24
止まらないという噂のブレーキ。確かに止まらない。レンタルのルック車を除くと自分史上最高に効かないブレーキだ。シューやリムの掃除をしても大して変わらないだろう。ちょっとした下り坂では握りしめた。ちなみにブレーキレバーも必要な方向以外にもガタガタするもので、軽けりゃいいってもんじゃない。多段化しないにしてもブレーキ周りは国民の義務として要改造だ。

2010-05-22 11.55.03
クランクはデフォルトで Dura Ace。BB もそうらしい。軽量化のためか、贅沢である。右側のペダルはプラスチックで折りたたみ式。

2010-05-22 11.56.05
左は金属製。

トレンクルは横折りなので内側に来るペダルは折りたたむ必要なし、ということだろう。早速持ってきたペダルとベルト取り付ける(以下写真は実家付近で)。

2010-05-22 17.30.12
TIOGA のシュアーフット コンパクト(チタンシャフト)

2010-05-22 17.30.34
Viva ユニバーサル真鍮 スプリングベル

2010-05-22 17.29.56
小改造後の後ろ姿。こうしてみるとフレームはチタンの地金の色ですね。

興奮と慣れぬカメラ(新調したスマートフォンのもの)のせいで画像多めかつ重めでスミマセンな感じ。

受け取り場所から荻窪駅へ。新宿南口から Y's Road へ行きまた高島屋の横を抜けて代々木からほぼ小田急線沿いに代々木上原まで。踏み込むと前輪が浮き上がるし、ハンドルポストが長いのでグニャるものの、結構ちゃんと走るな、と。14"で最初ハンドルがクイックだと思ったがすぐ慣れた。畳むのは簡単で、荻窪で1回、新宿で1回、代々木上原で1回、実家前で1回の計4回畳んで袋に入れて持ち歩いた。軽い軽い。膝痛いけど。

しかし、自転車に乗っていい体ではないはずで、左脚中心でこいだものの、膝腫れている ゲェ

トレンクル関連パーツなど到着 ~その1
改造夢想計画を中断して、リアルな話へ。本当は計画を一通りやってからの方がいいのだろうが、リアルな興奮は冷めぬうちに書きたいもの。既に計画は書き終えているので一部記述に矛盾が出るかもしれない。



22(金)夜、実家へ。

2010-05-21 22.38.59
山積みの箱と袋。英国、台湾、群馬、東京から。

2010-05-21 22.45.57
左は帰り道に日本橋で引き取ってきたトレンクルに使うカーボンシートピラー(ピラーとポスト、どちらがいいんでしょうね。ま、気分で。)右は韓国に持って帰る台湾から落札の FSA K-FORCE LIGHT SB.25。

群馬ヨシダサイクルから、ケミカルとバーエンドキャップなど。

2010-05-21 23.12.23
デクリーザ発注間違えたかな...。ちょっと数多し。ケミカルに関して、韓国では Finish Line 中心だが、生分解性うにゃうにゃで気になっていた Pedros を中心にしてみた。

2010-05-21 23.21.16
グリース Bio Grease 近影。グリースが生分解されてしまうとイヤな気もするが、マメにメンテすべし。
2010-05-21 23.28.49
早速組み立ててみた。って、ねじ込むだけだが。グリースガンの感じは Finish Line よりもしっかりしている感じ。前回同様、最初に出てくるまで苦労した。チューブを片手で押し絞りながらスコスコすると早く出てくること発見。ショボイ負圧だけでスコスコするよりも、サプライ側に圧をかければよかったのだ。一つ賢くなった。お隣は Finish Line Fiber Grip。カーボンパーツ周りの摩擦を高めてくれるもの。

2010-05-21 23.28.09
チェーンマシンキット2.0。なんでも2.0だった昨年だが、今年は恥ずかしい気も。でも、サイケ調のデザインは好きだ。チェーンクリーニングマシーン、ORANJ PEELZ (デグリーザー)、アイスワックス2.0、ブラシ付き。まだ使っていませんので何とも...。

2010-05-21 23.30.58
軽量ペダルを求めて、TIOGA のシュアーフット コンパクト(チタンシャフト)。パッケージもなかなかカッコイイ。

残りのパーツはおいおいと。

トレンクル改造計画 - その3
次はハンドル。バイクフライデーのHバーが結構よいので、同じもの...では芸がない。

BF_STI_Bar.jpg

Bike Friday STI Touring Bars

かな、と(写真は本家から)。今回のコンセプトカラーはチタン地金、シルバー、ナチュラルブラウンを基本としたい(ってシートポストはカーボンですが)。なので、塗装をはがしてアルミを磨く予定。出ている部分だけなら大した作業ではないだろう。ハンドルをどう取り付けるかはトレンクル現物合わせで考える(笑)。Hになっている分、重量増だろう。ステムも付くわけだし。バイクフライデーのハンドルは左右分割可能なので、箱詰めするなどより小さく折りたたむ時には非常にやりやすいのはHバーで実証済。50cm, 48cm, 46cm, 44cm とある。Bike Friday New World Tourist は最大の 50cm であったが、今度はどうしようかな...。まだ決めていない。



バーテープはサドルと同じ Sella An-atomica で色をそろえよう(写真はサイクルベースあさひさんから)。
Sllaanatomica_bartape.jpg
Sella An-atomica Leather Bartape

テニスでこれまた腕に見合わず Wilson Pro Staff というラケットを使ったことがあったが、それのグリップが革。皮だから滑るかというとそんなことはなく、いい感じだったことを思い出した。バーテープの巻き方はしっかりと韓国でHバーのものをメモって日本へ行かなければ。



バーエンドキャップは、これまた微妙なサイトを持っているフランスの GILLES BERTHOUD の、レザーエンドキャップ ナチュラル(写真はヨシダサイクルさんから)。
GILLES_BERTHOUD.jpg
Gilles Berthoud Leather Endcap Natural

なかなかの質感で逸品だ(と思われる)。



ついでにハンドル周りということで、保安部品のベルは VIVA 真鍮スプリングベル で。色のポリシーに反するけれどもクラシカルな感じ、古くなった時を想像すると楽しみ。差異区部レース名無しによれば音もいいらしい。できればどこかにタップをたててもらってねじ込みたい。

Viva_bell.jpg
VIVA 真鍮スプリングベル

そういえば中学~高校まで乗っていたブリヂストンユーラシアはアルミの直付けスプリングベルだった、と思いだしたり。

この辺合計で400~500g位増か?



Tips!

トレンクル純正はT字型にハンドルポストとハンドルが溶接されているので、ポジションを変えたい人はぶった切って加工するしかない。もしくはハンドルポストごとワンオフ作成か。どのようにつけるかは現物を見た上で実践編にて紹介。

ハンドルのチョイスは加工後のポストなりステムなりのクランプ径に合わせて色々あるだろうが、折りたたみ自転車、もしくはトレンクルに特化したスペシャルハンドルのみ少し紹介(ていうか自分の守備範囲の Bike Friday とトレンクル関連しか見てません)。シートポスト同様、ハンドル径がクランプ径より小さければシムをかます。

Bike Friday H-bars:
Size: サイドバーの芯々で 50cm, 48cm, 46cm, 44cm
クランプサイズ:φ25.4mm
色は黒。アルマイトでなく塗装
中央で分割可能

Bike Friday STI Touring Bars:
Size: サイドバーの芯々で 50cm, 48cm, 46cm, 44cm
クランプサイズ: φ25.4mm
色は黒。アルマイトでなく塗装
中央で分割可能

工房赤松オリジナル トレンクル用・H型ハンドル
Size: 380mm(芯-芯)
クランプサイズ: 26.0φ
重量:290g
シルバーアルマイト仕上げ
名前はH型だが、Bike Friday でいえば STI Touring Bar に近い。

純正のハンドル幅はわからないが、おそらくそれに近いのが工房赤松オリジナルだろう。試していないが、この幅だとサイドバーデフォルトで握るのが楽かもしれない。

ストレートは Bike Friday MTB Bars のみ紹介しておこう。CYCLETECH IKD さんのサイトにはサイズの記載がないが、本家を参照したところ、560mm のみとかなり幅広。STI や Hは切断できないが、ストレートは両端を詰めて使えということだろう。これも中央で分割できるのがミソ。

バーエンドキャップは意外と馬鹿に出来ない保安部品。付けていないとハンドルが腹に突き刺さるようなこともあるらしい。そういう意味からすると、Hバーやブルホーン、DHバーの先端のバーコンは人を傷つけたら傷害罪に問われかねないですね。

ベルはあまり効果がないと追われるのだが法律的にマストだから楽しくて気に入ったものをつけよう。



バーテープ、ベルとノスタルジックになりつつ続く。

トレンクル改造計画 - その2
で、サドルである。Bike Friday のサドルを探している時にサイト巡回して米国サイト発掘したつもりでいて要チェックリストに入れていたが、結構日本でも売られてるのね...(しかしサイクルベースあさひでは新顔として紹介されているので最近出回りだしたのかもしれない)。

革製品、嫌いではない。黒もいいけれども、ナチュラルブラウンがエイジングであめ色になっていくのが好きなのだ。今回のトレンクルは黒とシルバーでまとめようかと思ったが、このサドルの選択により、バーテープ、バーエンドキャップの色はナチュラルブラウンに決まった。

で、Sella An-atomica である。サイトのデザインはイマドキないでしょうという位のモノだが、逆に質実剛健なモノづくりを彷彿させる。革サドルで尿道圧迫対策をしているのは珍しいだろう。面白いのは本家のサイトでは、あなたのBROOKSに孔明け加工しますヨ、というサービスもしている。

Sellaanatomica.jpg

今となってはどうでもいい話であり、自転車とも関係なく、一度書いた気もするが、昔アメリカの COACH ってグローブレザーを使ったいい革製品を作っていました。COACH のブランドも財布を開いたら内側に型押ししてあるだけで、外から見てもわからない。値段も安いので結構愛用していました。が、ブランド価値の向上に目覚めて邁進し、今に至る。もはや持つことはあるまい。

閑話休題。てか、すべて閑話であるが。思ったよりも日本でも高くない(サイクルベースあさひ調べ)。
Titanico LD Saddle Second Skin Watershed Leather - $179.98 → \17,010
Titanico LD Saddle Traditional Saddle Leather - $146.96 → \13,230
Deluxe Handlebar Tape Set Watershed Leather - $59.98 → \6,237
Saddle Care Kit - $24.98 → \2,646

なんか値段倍近いね?というような商品も多い中、これは日本で買ってもいいかな、という感じだ。防水層がはがれることもあると思われるし、革のエイジングを楽しむなら防水じゃないほうがいいかな...。サドルケアキット買ったらあまり値段変わらないけど(笑)

重量: 標準品 268g(7500のデータ)→480g と大幅増だ!



Tips!

サドルに関してはもう、好みで選んでケツのと相性を試すか、シリを鍛えるか、しかないのでご自由に、である。超長距離走るわけでなくとも、合わないサドルだと 5km 走ると不快。

トレンクル改造計画 - その1
韓国で乗っている Bike Friday New World Tourist に比べれば、ゆったり乗るつもりのトレンクルの改造計画。トレンクルの改造資産はだんだん Web から減ってきてしまっているような気がする。リンクをたどろうとしてもリンク切れになっているところも多いのだ。

お店としては、西の横綱工房赤松はまだバリバリ改造に対応してくれそう。2010/5/14のお店のブログでもずらりとトレンクルが並んでいる。値段が跳ね上がって敷居が高くなったとはいえ、後継機種も出ているので、きっとこれからも続いて行くのだろう。

東の横綱和田サイクルは Panasonic が生産やめたらすっぱりやめた、とどこかのサイトに書いてあったし、和田サイクルトップから、和田サイクルのページ → 商品 → 改造 → トレンクル多段化 といくと、「現在、リムの欠品に伴い注文はお受け致しておりません。」と宣言されている。問い合わせてご迷惑をおかけしないように(ていうか黙殺された人1名存在)。

ともかく、私の場合。

・見た目良く
・それなりに快走でき
・最大20km位まで走る感じ

で行ってみよう!なわけだが、前述のようにトレンクル改造記録資産が消え行く危機の中、私自身の改造にとどまらず、今後取り組む方のためにできるだけ汎用性を持たせたい(...と思うが、どうなるかわからない 爆)。



シートポスト。おそらく、元々のものはアルミ製 383 g。結構突き上げがきついという話あり。快適に乗るには振動吸収に優れていると思われる(実際は作り方次第だろうが)カーボンをチョイスした。色コンセプト的にはアルミシルバーの方がしっくりくるのだが...。
シートポスト
BOMA (とKENKENさんに教えていただいた)カーボンロングシートポスト SP-13 φ27.2mm×L570mm, 310g (写真一番右)

383g → 310g と 73g 軽くなっているけれども、サドルは重くなるよ...(次回)。



Tips!

通常の長さの、シートポストは 300 ~ 350mm 位だろうか。トレンクル純正品がおそらく 450mm 程度であるので、対称身長以上の身長175cm以上の人や、ちょいと前傾したい人はサドルを上げたくなると思われる。純正は φ28.8mm なので、これより細ければシムで対応。当然ながら、太けりゃ入らないので、わーい、長いよ長いよ、とBD-1用φ34.9mm、DAHON 用φ34.0mm などを買ってしまうとオクへ直行、となる。

「直径 28.8 mm 以下で、450 mm 以上の好きな長さのお好みのシートポスト」を選べばよい。で、
「直径 28.8 mm 未満ならばシートポストシムを買う」と。

シムは径の合わないクランプとパイプの間に入れるアダプターのことで、シートポスト、ハンドルステムなどで使われるみたいだ。0.2mm の違いも結構シビアに効いてくるらしいので、気をつけるべし。欲しいサイズのシムがなくお聞きしたところ4英世とのこと。高!Wiggle では現在の為替で1英世以下だす。

出張のお供
今回の出張はトレンクル受け取りという重大ミッションがあるので、
・六角レンチ
・ペダルレンチ
・ドライバー
位は持っていこうかと思っていた。ツールは機内持ち込みできないので、預けることにした。最終便で行くので預け荷物を待っているうちにバスが無くなったりする。まぁ、今回はハナから京急のつもりだったので無問題。

belongings.jpg

後列左から、OLIGHT T25, Topeak Master Blaster Mt. Rocket CBT, 自作途中ポンプヘッドアダプター(米→仏), Panacacer 圧力計, Toepeak mini nine, Eneloop, Saddle Bag, 前列, Park Tool Pedal Wrench。マルチツールとペダルレンチは獄長から間に合わず。携帯ポンプは日本に置いていくつもりだ。

金曜の夜に日本橋(大阪でない方)へ赴き、シートポストを受領し、トレンクルに関して質問をする。★
金曜の夜は実家なので、届いているパーツがあればニヤニヤする。

土曜日にはトレンクル直受領。工具と輪行袋を持っていそいそとでかける。膝保護のためほとんど乗れない予定。左足だけひもで縛って乗りたい位だが...。★で行けそうならそのお店へ持ち込む。あれこれお願いしてトレンクルにはしばしの別れを告げる。ダメそうだったら下町方面か。

という予定。

続きを読む

獄長ウィグル
北斗の拳の悪役キャラの中でもインパクトのあった奴らの内の一人。

英国の自転車通販サイト Wiggle → ウィグル → 獄長 と 2ch では呼びならわされているようだ。さらに ウィグル → ウィグル自治区 → 自治区とも。

なんで 2ch 見てるかというと、調子の悪かった携帯を新調し、Android ベースのものにしたので、色々ソフトを試しており、2ch ビューワーもいじったついでに自転車のスレをのぞいたりしているのだ。中には結構まっとうなところもある。9割の雑音を流しながら必要な情報を拾い読むのは至難の業。まとめ Wiki があるスレはいいが...。

ともかく、Wiggle の送料無料の下限と関税免除っぽい 15,000円位を狙って小分けで発注する俺も悪いのだが、揃ったものから送ってくるのでそりゃもったいないだろう、と言いたい。こちらはタダなわけだが...。一度、そんなもの単体で送らなくていいかからすこしまとめて送ってくれ、とメールしたが、もう出してしまいましたので、との返事。おそらく、これから一カ月ほどの間に実家に10個もパッケージが届きかねない勢いだ。もう少し考えようよ獄長。ヒゲを抜いて今日は何個発送しようか決めているわけでは...。



今日から日本出張です。週末にはトレンクル受領予定。一部獄長らから怪しげなパーツも受領予定。ウヒヒ。コメントいただいてもしばらく返信が遅れるかもしれません。これから数日間予約投稿。

PRP 2回目
今日は PRP 治療の2回目。膝蓋骨の裏側へ、外側から全部一発で。その時だけ痛かった...。

読めないけど、PRP 注射治療の説明が。
2010-05-18 10.45.32

なんとその横にはあのお方と先生のツーショットが...
2010-05-18 10.43.24
フィギュアスケート国家代表キムヨナ選手と何とかって書いてあります。ちょうど1週間前ってことは、最初の PRP 打った時じゃん!ニアミスでした。きっと診療時間外に来たのだと思うけれども。

次は土曜で、はい。って、そういえば明日から日曜まで出張でした...

トレイニーオススメ iPhone アプリ その2
前回 GymGoal を紹介したら一部大好評だったので、調子に乗って第二弾である。

最初冗談かと思ったら、なんと本家本元によるソフトである。びっくりだ。紹介したらタイケイさんの商売を邪魔してしまうのではないかと3時間ほど逡巡したが、本家はプロモーションの一環として考えているようだし、紹介しよう。欲しくなったら in Japan、タイケイさんに注文してくらさい

なんとあの Gymboss による Gymboss iPhone 版である。GymGoal がトレーニングに必要な全てを入れ込んだ Suite だとすると、こちらはインターバルトレーニングに特化した単品で、その名も

Gymboss Interval Timer

GymBoss1.png

起動画面の次にもうこのメニュー。High Intensity Interval Training (HIIT) のために作られましたよとプリセットタイマーが問わず語る。なんとタバタプロトコルまで標準で用意されているのだ。30分にウェイトトレーニングを20セット、なんていうのもある。ためしに、タバタイズミ先生をポチ。

ばっちりバッチリ 20秒と10秒が繰り返されています。スタートすると100分の1秒単位のカウンターが気分を盛り上げる。高強度運動とスローダウンの切り替えの音は5種類の音から変えられるし、スクリーンの色も変えられるので数字を見ていなくても色で判断もできるんだ。やっぱりゴング3発がオススメだ。下はカスタマイズ画面。

GymBoss2.png

スクリーンの色、音、時間の設定ができるのがおわかりでしょう。

全部入りもいいが、潔い単品もいいもの。マルチツールもいいが、単品の工具もいいのに似ている(笑)。無料ですし。気に入ったら Gymboss 買うべし。iPhone 耐振動と防水は考えていないので、握りしめてダッシュして壊したり、手を滑らせてドブに落としても責任はとれない。

個人的には iPhone 用のマウントを手に入れて、自転車で HIIT をやるのに便利そうだな、と夢想中。はよ膝治せよ、オイ、なわけだが。



このブログ読んでいる方はコアな人々が多いので、こんなこと今更書くのもなんですが、エアロビック運動をちんたらやり続けるより、HIIT やレジスタンストレーニングの方が運動後の代謝率の保持まで考慮に入れると脂肪燃焼効果が高いのだ。最低でも運動後 24 時間は脂肪燃焼効果が持続するらしい。

小径車の聖地、訪れる前にサヨナラかな...
小径車の聖地、小径車の殿堂、などなどの称号を冠され、信者さんも多い東京の某ショップ。

トレンクルの改造では東日本一ィィィィ、できんことはなぃィィィというようなイメージであった。んでもって、日本の連休中に問い合わせを出したがお返事いただけず。注文フォームに入れたのが悪かったかな、ともう一度別経路で送ったがなしののつぶて。

今一度サイトを良く見てみたらば「パーツがなくなったからトレンクルの改造はもうしないヨ」というようなことが書いてありました。なるほどよく見ないで質問を投げた私が悪かったです。しかし...

...というわけで、トレンクルの受け取りが近所でもあり、受け取り後はそのままお店に持ち込むことを考えていたのだが、多分行くことはないだろう。一期一会。損してるのはこちらかもしれないけど。

ポケットにガーミン
トレンクルのハンドル周りにドデカイ GARMIN Edge 705 をつけるのはなんだかいかさないなぁ、と、ポケットに入れて使ったらどうなるか、実験してみた。東大門に昼飯を食いに行って、少し歩いた時に、手に持った GARMIN を回したり逆さにしたりしながら...。

Garmin_Walk.jpg

だめです。赤が記録されていたもの。緑がほぼ正しい道順。中央上の方の斜線は食堂に行く途中に一回計測したもので合っているが、食後に歩いたのはぶれぶれである。その後別の場所でも計測したが、やはりダメ。

GARMIN はマウントに固定して使いましょう。

しかし、山歩きのGPSはそうはいかないはず。別のシステムなのか...。



そんなわけで久々にちょっと(合計1.5km位か)ゆっくりと歩いたわけだが、帰りの地下鉄で右足をついた瞬間に右膝内側にスゴイ痛みが走った。今までほとんど負担のかからないようにしてきたので、この2週間で最大の痛みでビビった。はぁ。家に戻って激アイシング。

久々にプール
プールで歩いてもいいとの話だったので、韓国語クラスの後、家で飯を食い歩きに行った。静的な運動と床に転がってのプレスだけというのに少々飽きもあり。

2年半ぶり位のプールか。かなりみっともない身体を晒しつつプールへ(プールには誰もいなかったが、ランニングマシンからプールが丸々見えるのだ)。「泳げないわけじゃないんだよ、みなさん」とつぶやきつつ、25m プールを 10 往復程度で 20 分少々か。前歩き 7割後ろ歩き 3割といったところ。水の中で脚のコントロールが難しいが、極力股関節-膝-足のラインをブラさないように心がけた。

確かに浮力で体重が軽くなり、膝への負担は少ないと思うが、正直面白いものではない。腕を大きく振ったり開閉させて上半身も少し動かしたつもり。どこかに効いた感じはないのだが、まぁ、こんなもんだろう。

内側広筋をピンポイントで鍛える - その2
前回からの続き。

1998年の「リハビリテーション医学」に掲載された岡山大学の矢形幸久氏の「内側広筋優位の大腿四頭筋強化訓練に関する研究」という論文。最初梗概を見つけて少し検索したら全文のPDFがヒット!今回のネタはこれが書くきっかけだ。前回の正しいSLRとSETのやり方もこれを元に自分でやってみてのもの。

他の論文から総合し仮説として「大腿四頭筋等尺性収縮訓練を足部回外位で足底を接地し, さらに股内転筋の等尺性収縮と同期して行えば, 外側広筋に比べて内側広筋優位の筋力増大効果が期待できる」とし、下記の5つの運動を実験し、内側広筋の電位測定をしている。
1. 仰臥位で足関節自動背屈と同時に行う下肢伸展挙上(SLR).
2. 仰臥位で, 下肢を足関節部で固定して行う下肢伸展挙上の最大努力 (固定SLR).
3. 仰臥位で, 足関節自動背屈と同時に行う従来のセツテイング (SET).
4. 基本肢位の立位で, 足底を接地して行うセッティング (立位SET).
5. 足部回外位の立位足底接地で, 股内転の等尺性収縮と同期して行うセッティング。

実験結果と考察は複雑であるが、要は5.のやり方が一番内側広筋を鍛えられるよ、ということだ。

内側広筋を重点的に鍛えるためには:
・立って鍛える側の足を外側に向ける(膝の内側が前を向く)
・その状態で踵を支点にしながら膝を思い切り伸ばし、脚の筋肉を6~7秒緊張させアイソメトリック


もちろん、痛みがあるならやるべきではないし、医師やPTの指示のもとでやる方がいいでしょう。試す場合は自己責任で~。結論としては、仰臥位でなく、立位での運動となってしまったが。英語でちょっと探すとさらにかなり詳しいサイトが多いです。サブカル系以外は厚みが違うかな...。

続きを読む

今日の治療
今日はヒアルロン酸注射だと言われて油断していたら ESWT 1200発撃ち込み。大口径で高出力風の機械だったが、かつてない痛さ。ベッドの端を汗と一緒に握り締めた。

さあ注射の段になり触診したら水がたまっていて水抜きから。今日もしっかり45mlでした。注射針そのまま、ヒアルロン酸注入。「保存療法が効かなかったら手術」だそうに。orz 何の手術かまだ訊いていない。

アイソメトリックス、極浅スクワットの他、新ネタとして片脚立ち1分間、クッションを使ったHip adduction の指示。訊いたら自転車はまだダメだがプールで歩くのはOK 。なんだか冴えない運動ではあるが、やってみますか。相変わらず坂や階段の上り下りは禁。あんまり治ってないのね。ま、焦り禁物。

ESWT: Extracorporeal shockwave therapy
前に調べた時はなかった様な気がしたがHistoryを見たら昔からあったようで...。日本語版ウィキペディアにはないので、日本ではまだ一般的ではないのかな?
内側広筋をピンポイントで鍛える - その1
膝のの内側の痛みは大腿四頭筋、中でも内側広筋 (Vastus medialis muscle) の筋力の低さが原因の一つとされ、そこを強化することが再発防止にも重要というのが通説。

しかし、一般にいわれているやり方だと、どうもその部分に効く感じがしない。色々調べてみたところ、どうやら正しいやり方の表面だけをなぞったものが流布しているようである。最終的な結論は学術論文で筋電位計を使っての実験からきているので、私は素人だけれども、あまたの膝痛対策ウェブサイトやブログよりも正しいのではないかと思われる。追加情報や、そりゃ違いますヨ、というお話があればぜひコメントいただきたい。

一般的に推奨されている内側広筋強化法(膝痛体操)で、特別な器具を使わないものは大体次のような種類がある。
・仰臥位でまっすぐにした脚を上げしばらく保持
・上記と同様だが足を外側にひねった状態で上げる
(より内側広筋に負荷をかけるためと思われる)
・膝の下に枕などを置いて、それをつぶすように力をかける

伸展下肢挙上(SLR - Straight Leg Raise)
・仰臥位で脚伸ばし、足首を向う脛の筋肉を使い背屈(つま先をできるだけ頭の方向へ向ける感じ)した状態で、脚を持ち上げてしばらく保持。足首の自動背屈(自動的ではなく、自ら動かすの意)をすることによって、向う脛のみならず脚全体に力が入るので、大腿四頭筋の強化になると。これ、何かを押すわけではないけれども、挙上中に脚全体に6~7秒力を入れながらすることでアイソメトリック運動になる。力を抜いた状態で脚を上げても、大腿四頭筋は膝から下の重みを支えてまっすぐに保つだけの働きしかせず、効果薄いと思われる。また、このアイソメトリックは、脚全体に力を入れるため、前側の大腿四頭筋群だけでなく、ハムストリングも鍛えられる。

セッティング(Setting/ SET)
・仰臥位で脚をまっすぐにし、SLR同様脚を背屈させながら、踵と臀部を支点にして脚を思い切り伸ばす、というか膝を下に押しつける、のが正式のようで、膝裏の枕をつぶすのはその方が力を入れやすいからだろう。でも傷んでいる関節で直接モノを押すのはどうかなぁ、という気もする。

以下は脚フェチな研究では言及されていないのだが、やるならば気をつけなければならないことは下記の二つ。
・上げない側の脚の膝は90°位曲げておく
・両手を背中下部に差しこんで背骨のナチュラルなカーブを保つ
これらをしないと、腰を痛める危険性がある。大体膝の悪い人は骨盤周りも歪んでいることが多く、腰痛も持っているか潜在的に危険な状態であると考えられるので、気をつけるに越したことはない。

長くなったので、続きは次回。
妄想連鎖
色々見ていると、もうこれで良し...と思っていた BIKE FRIDAY New World Tourist の方も「あ、このパーツ変えたいかも」てなもんで、非常に精神衛生上よろしいが、ボタン押したら財布には厳しい状況になるわけである。
FSA-K-FORCE-LIGHT-SB25.jpg
只今興味ありまくりの FSA K-FORCE LIGHT SB.25

現在は14$なりの Kalloy 28.6mm Black で元から付いているもの。お約束のシム(27.2mm → 28.6mm)をかませばはい出来上がり、なのである。ほら、黒白赤なんてまるでマイバイクのコンセプトカラーのためにあつらえたがごとし...。

と、妄想し始めたのが約1週間前。
オークションで見つけたのが約1週間前。
オークションでせり出したのが約3日前。
あ、オレのものに...。

わくわく中です。って、手に取れるのは次回出張時ですけれども。


多血小板血漿 PRP 注入術式
実に簡単である(待ち時間を除く)。

最初診察室で医師と少し話した後、別の階に行き、採りやすそうな左腕から50ml程採血。海外から戻ったばかりとダメだとの規定で久しくやっていない日本赤十字社の献血の太い針に比べればかわいいものだ。PRP注入術は結構この病院では一般的に行われている施術のようで、壁にPRP何とかかんとか張り紙あり。

またまた順番待ちのあと、治療室行き。赤血球は赤、白血球は白、血漿は黄色、血小板の色はなし(実はこれも黄色らしい)、と勝手に思っていたが、今日のおそらく血小板と血漿を主成分とするはずの加工済多血小板血漿PRPは赤黒かった。

膝の内側の靱帯を押しながら痛いか?と聞かれたがあまり痛くないので、一番痛いのは膝蓋骨の内側の窪みのあたり、ということで、約10mlを二箇所にぶち込んだ。さてどうなりますか。2~3日痛いと脅されていたが、今の所それほどでもない。できるだけアライメントは整えておいた方が正しく再生してくれそうなので、自己整体系の運動はやっておきたい。

ヒアルロン酸注射というのも膝の痛みに使われるらしいが、これも美容整形と同じですな...。ちなみに、ヒアルロン酸、経口摂取はやめた方がいいようだ。経口摂取の有効性は全く証明されていないだけでなく、アレルギー反応を劇的に高める可能性があるらしい。元々人体に含まれる物質でありながら、異常な使い方をすれば何が起きるかわからないということで、耳慣れないサプリメントは摂らない方が良いのだろう。妻が箱買いしているような気もする...。
多血小板血漿 PRP ってなんぜよ?
NHKワールドプレミアムだかいうのが観られるので龍馬伝みちょーぜよ。今日昨日は PC いじっていたので没入していなかったが。

金曜日に医者に行った時、「来週火曜日プラズマ何とかをやる」といわれた。プラズマなんか使ったら膝どころか靭帯が消し飛んでしまいそうだ。PRPと。「2~3日痛いかもしれないよ」とも脅されたが...。ESWT より痛いもんあるんでしょうか

Platelet-rich plasma

plasma: へー、プラズマも血漿も同じスペルなんですな。勉強になりやんした。

以前腹部脂肪に含まれる幹細胞を使って繊維組織再生、というのを上げたが、どうやらそれに近いものらしい。幹細胞は何にでも変身する魔法の細胞(らしい)だが、血小板の方は約十種の成長促進因子が入っているそうだ。これが普通なら再生の難しいところの再生を加速する、と。

自分の血を採って遠心分離した血小板を含む血漿を加工したモノを患部に戻すようだ。欠けた骨などが再生する、かもしれないらしく、日本ではインプラントの下地としてあごの骨を強化したり、あるいは例の幹細胞と同じく、皮膚の若返りのために頬に注射したり、という方面のご利用が多いようだ。英語の Wiki では「腱炎、心臓ケア、軟骨再生、ディスクの再生」などが挙げられている。

日本語の椎間板への適用例の論文「多血小板血漿(PRP)は椎間板細胞の細胞外マトリックス合成を促進する」というのは2008年であり、まだ新しい治療法の様である。はい、人柱。

先生は韓国サッカーワールドカップチームのチームドクターもしていたので、腕は確かでしょう。スタッフとは全くコミュニケーションできないが、先生とは英語でなんとか話せるので助かる。

そんなわけで寝て起きたら病院行きだ。

iPad むうぅ
いよいよ5月28日発売。欲しいわけだ。

日本語版
米国版

価格設定もアメリカから取り寄せたりすることを考えるとよほど為替が動かない限り得しないうまい設定。

しかし、今回はトレンクル並びにその改造費用に軍配上がる。

難解なるMRI所見
核磁気共鳴画像法 magnetic resonance imaging は、通っている整形外科にはなくて、別の場所の検査専門の施設に連れて行かれた。で、所見。さすがに普段使わない単語の羅列である。

There is a large amounts of fluid collection in knee joint and suprapatellar bursa with diffusely band-like or nodular thikenings of overlyning synovial villi and membranes, suprapatellar and lateral patellar plica thckenings.
There is a faintly visualized transverse low signal intensity region in posterior horn of medial meniscus on T1W1 and fast spin echo (gradient echo; low or intermediate signal intensity) without articular surface extension.
No evidence of proximal tibia and fibular bone abnormality.
No evidence of medial and lateral patellar retinaculum rupture.
No evidence of medial and lateral collateral ligament injury.
No evidence of anterior and posterior cruciate ligament injury.
No demonstrable lateral meniscus tear.
No evidence of muscular and tendons injury in knee area.
Otherwise, unremarkable.

Impression:
1. Rt knee synovitis with large amounts of knee joint cavaty and suprapatellar bursa effusion, suprapatellar and lateral patellar plica thikenings.
2. Linear (grade II) meniscal degeneration in posterior horn of Rt medial meniscus.
3. Rt chondramalacia patella with focal erosive change of Rt femoral articular cartilage.



Google翻訳...

また滑膜絨毛と膜、膝蓋、外側膝蓋襞thckeningsをoverlyningのびまん性帯状または結節thikeningsと膝の液体貯留大量の関節と膝蓋上包です。
またT1W1に内側半月板の後角にかすかに可視化横低信号強度領域と高速(勾配エコーを、スピンさ関節面の拡張、ローまたは信号強度)中間なし。
脛骨近位端と腓骨骨異常の証拠はない。
内側と外側膝蓋支帯の断裂の形跡がない。
内側と外側側副靱帯損傷の形跡がない。
前と後十字靱帯損傷の形跡がない。
いいえ実証外側半月板断裂。
膝エリアと腱の損傷筋における証拠はない。
そうでなければ、平凡な。

印象:
1。膝関節cavatyと膝蓋上包の胸水、膝蓋、外側膝蓋襞thikenings大量のRtの膝の滑膜炎。
2。リニア(グレードII)Rtの内側半月後角で半月板変性。
3。 Rtの大腿骨の関節軟骨の焦点びらん性変化とのRt chondramalaciaの膝蓋骨。


フッ。わからんな。


プロフィール

Funky President

Author:Funky President
韓国在住1966生まれの日本人オヤジ
子供の頃運動が苦手でコンプレックスがありました。途切れ途切れながらちょぼちょぼ運動続けて今は歳からすると平均的な見た目と体力。50、60代でその歳からするとすげぇ、となるのが目標。継続は力なり!
スキーは結構うまい(JSA1級)。テニス、スノボ、ゴルフ、バスケットボールなど経験あり。
2007年秋からウェイトトレーニング、2008年夏からケトルベルを始めました。が、ケトルベルの前から肘を痛めており、悪化に伴い腕を使うトレーニングは10月から完全封印。11月末、よく調べたら肘の痛みは頸から来ているということが発覚。2009年2月頭より晴れてリハビリライトケトルベルトレーニング再開~!2009年10月、BIKE FRIDAY New World Tourist "Funky President 2009"号を入手。自転車も乗っています。...と、今度は右膝痛め、なんだかな...。落ち込まないためにトレンクルをオークションで落札ぅ!

Male, Born in 1966, Japanese living in Kerea.
Not good at sports in childhood, which caused inferiority complex. Keeping slight workout off and on, now average physical appearance and ability at my age. Trying to be excellent look and ability in 50s and 60s. "Persistence pays off. So don't give up. Just keep trying!"
Started resistance training in fall, 2007, and kettlebell in summer 2008. However, due to elbow pains which started before kettlebell, stopped any training using arm from Nov, 2008 to Jan, 2009. Now on rehab training with light KBs.
Good at ski (JSA 1st Grade), experianced in tennis, snowboard, golf, basketball, etc.
Got a BIKE FRIDAY's New World Tourist in Oct, 2009. Ride is fun. Now, suffering from knee pains in the right knee. To avoid getting into a negative mode, won a small bike in an auction! Yahoo!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Reps (?)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。