*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スナッチの力学的理解 II -- Mechanical Understanding in Snatch II
仮称スクエアスナッチ~コークスクリューでない、まっすぐ挙げるもの~を25年前に物理とか好きだった、という力学のレベルで解説してみたい。あまりこういうことを論じている人はいない気がするので、ケトルベルの長い歴史の中でも初の試みか?

まず次の天動説が私の持っていた間違ったイメージのスナッチ。いまどき手描きかよ、とか言わないでぇ。

天動説~間違えたイメージ

右下の黒い点が肩。左の大きな丸がケトルベル。腕が水平になったところからトップまで。
トップポジションでケトルベルが手よりも上にあると、慣性で落ちるケトルベルが前腕に当たり痛いのなんの。

スウィングからスナッチへの移行の練習として、スウィングのトップで水平方向に引く動作をやるが、スウィングよりさらに上へのスピードが大で(これ、尻の動作が急速の結果)水平方向に引いたまま何も力を加えないとケトルベルはどう動くだろうか?ハンドル部分は無視すると、下のような放物線を描くはず。

放物線

で、本題のスナッチだが、この放物線の動きを邪魔しないように手を球体の下に潜り込ませると、下の図の左ようになる。

地動説~コペルニクスですよ

つまり、ほとんど力を加えなくても、水平に引いた腕を伸ばしながら拳を球体の下を潜らせれば自然にケトルベルは回っているのだ。というか、ケトルベルの周りを手が回るのである。その動きだけ抜き出したのが上の図の右。

これ、私にとっては天動説と地動説程の違いあり。

ワークショップで「プルの後パンチだ!」と言われたのも「これがそうか!」と肚に落ちた。

スナッチのトップでの体の特徴的な動き、前にぐっと出るのも、慣性で後ろに進もうとするケトルベルを腕だけでなく、体全体で止めるためのケトルベルと反対方向の動きなのね、と理解できる。

わかったところで後は練習だ~


Trying to analyze Snatch with a 25-years-ago physics lover level knowledge. This might be the first trial in the long history of kettlebell.

First, my wrong image before I touched a kettlebell. (Do not laugh at hand drawing!)

天動説~間違えたイメージ

The black point in the right bottom is the shoulder. The big circle on the left is a kettlebel.
This shows from the arm leveled to the top position.

The bell is on the top of the hand upside dowin, and then the momentum brings it hit on the forearm hard. Ouch!

Pulls at the top of swings are recomended to enter snatches. If the bell's speed upward is enough and pull horizontally right, how the bell goes? If no force is added, the bell goes on the parabola line as below (ignoring the handle).

放物線

Finally, the Snaches. The left of the figure blow shows sinking the hand under the bell without interfering the parabola.

地動説~コペルニクスですよ

We can snatch with no extra power after arm-horizontal position; stretching the pulled arm, sinking the hand under the bell, then the kettlebell naturally turn over. No, more acurately, the hand goes around the bell. The left of the figure above shows it.

To me, the differnece is like between the Ptoremaic and Copernican.

I now fully understand the instraction at the workshop: "Punch after pull!"

The charactaristic movement at the top of the snatches, the body goes a bit forward, can be explained to stop the bell going backward due to momentum with counter action of the body, not only of the arm.

Something missing now is just practice, practice, and practice!

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
物理的解説Respect!!

おっしゃるとおりですね。私も頭で理解しないとできないタイプなので嬉しいです。。。わかりやすい図解。。。凄い!!!

kObAv-218
No title
kObA-san,

Thanks! The bell still hit my forearm sometimes due to lack of skills. Practice, practice, and practice!

ファンク大統領
No title
初めてケトルベルでスナッチをする人は殆ど、図1-天動説ムーブメントになり、私も始め手首に紫色のあざが出来、知人からアビュース~暴行でも受けたんじゃないよね、と言われた事あり。 その後「スイング~ハイプル~パンチアップと同時に体をベルの下へ潜り込ませる」(図3)を習得してからスナッチが楽しくなってきました。放物線をえがく過程で、肘を引くハイプルの動作が入らないとバンッと手首を打ってしまうようで。。。 私は体で理解できないとダメな犬タイプですかね。。。
見事な図解と解説 ”Respect!”  Nazo
Nazoさん ありがとうございます
ビデオでスナッチ見て魔法のように思えました。
なんだかWSの勢いでヘナチョコスナッチができたものの、分かってやってできてスッキリしました。
タイミングがあるとほとんど重さを感じないでトップ極まりますね(重くなるとまたまったく別の話なのだろうと思いますが...)。半分くらいはタイミング外すので前腕ゴツっ!も日常茶飯事です。ひーん。
分かりやすいです。
この図を頭に置きながらケトルベルの軌道を見てましたが、まさしくその通りですね。
地動説で見たら同じですね(だから地動説か<笑>)。
タイミングの問題で手よりもケトルベルの方が先に進む(そこがもぐり込ませる=パンチするということ)もしくは、頂上で手を越えるのではなく、手をケトルベルが越えるのは斜め前方の時ってことですね。

結局タイミングであり、「コツ」なんですね。
しかしそういってしまうと、物理学じゃなくなってしまう。やはり私は純粋な文系だ。
No title
理数系Funkyさん、頭脳系kObAさん、文系オレンジさん、、、、、、、、、、、、、動物本能系Nazo。なにをかいわんや。。。。。
ありがとうございます
Orangeさん、Nazoさん

ありがとうございます。

出張の飛行機内でまたEnter..みたら"Sneak under the kettlebell"でした。Sinkじゃなかったですね。恥ずかしい。そのうち修正しますが、沈み込む、もぐりこむ、というのも悪くないと思いますが。
No title
Sneak Under「静かに下に」?にはそうした、意味合いもあるんじゃないでしょうかね。日本語にすると技術用語としては、ありなんじゃないかと。
大事なのは実際ですから、かけ離れちゃいけないでしょうけど。
擬音で言ったら「スッと」入る「ふわっと」置く(笑)

最近読んでいる本で技術の伝達をこうした擬音で行う意義を書いたものがあり、まだ自分の身になっていませんが、面白い試みと感じています。スナッチもスッとふわっと、重たいものを軽く扱っているように思います。
下に忍び込む
感じでしょうか?

バーベルスナッチなんかも一気に頭上まで挙げ切れない重いものをぶち上げておいて無重力状態の時にすっと入るような感じなので、一見違うようでも同じ名前を使っているだけあって本質のところで似てるのかな~、と思いました。

擬音使い、面白いですね。
プロフィール

Funky President

Author:Funky President
韓国在住1966生まれの日本人オヤジ
子供の頃運動が苦手でコンプレックスがありました。途切れ途切れながらちょぼちょぼ運動続けて今は歳からすると平均的な見た目と体力。50、60代でその歳からするとすげぇ、となるのが目標。継続は力なり!
スキーは結構うまい(JSA1級)。テニス、スノボ、ゴルフ、バスケットボールなど経験あり。
2007年秋からウェイトトレーニング、2008年夏からケトルベルを始めました。が、ケトルベルの前から肘を痛めており、悪化に伴い腕を使うトレーニングは10月から完全封印。11月末、よく調べたら肘の痛みは頸から来ているということが発覚。2009年2月頭より晴れてリハビリライトケトルベルトレーニング再開~!2009年10月、BIKE FRIDAY New World Tourist "Funky President 2009"号を入手。自転車も乗っています。...と、今度は右膝痛め、なんだかな...。落ち込まないためにトレンクルをオークションで落札ぅ!

Male, Born in 1966, Japanese living in Kerea.
Not good at sports in childhood, which caused inferiority complex. Keeping slight workout off and on, now average physical appearance and ability at my age. Trying to be excellent look and ability in 50s and 60s. "Persistence pays off. So don't give up. Just keep trying!"
Started resistance training in fall, 2007, and kettlebell in summer 2008. However, due to elbow pains which started before kettlebell, stopped any training using arm from Nov, 2008 to Jan, 2009. Now on rehab training with light KBs.
Good at ski (JSA 1st Grade), experianced in tennis, snowboard, golf, basketball, etc.
Got a BIKE FRIDAY's New World Tourist in Oct, 2009. Ride is fun. Now, suffering from knee pains in the right knee. To avoid getting into a negative mode, won a small bike in an auction! Yahoo!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Reps (?)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。