*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハード(すぎ)スタイル - (Too) Hard Style
韓国ハードスタイル RKC 認定準備ワークショップ第一日目

会場入りして荷ほどきしながら、Dr. Mark Cheng さん, RKC Team Leader、Jon Engumさん, Senior RKC Instructor へ挨拶に行こうと思っていたら、いきなり向こうから挨拶に来て下さり、恐縮でありました。タイケイさんからよろしくとお伝えし、ChenさんからNazoさんの話も出たりして、スタート。

参加者40名程度。半分くらいはトレーナーなどと思われる。外国人はおそらく4人。女性が6人くらいいたのは日本ではありえねー、という感じ。主催者の代表はあちこちのホテルでトレーナーをしているので、トレーナー仲間など、その人脈なのかもしれない。

会場は結構立派なスポーツ施設の講演室のようなところ。絨毯敷きなのでみんな裸足(ほぼ全員クッション性の高い運動靴だったこともあり)で実施。
韓国語通訳がついたが、あまり運動のことは詳しくないようで日本での松下タイケイさんのような当意即妙な通訳にはなっていないようで、日本の皆さんは本当に恵まれている。PGA、LPGAなどの関係の仕事をしている女性Cindyさんが時折ヘルプ通訳していた。

会場で貸し出されていたベルはアメリカで触ったEverlast風のものが多く、持ち手が真円でなかったり、塗装がロシアンレッドのようにツルっとしていて好みでなかったりと、マイベル持参で正解。

スポンサーも付いているような雰囲気で、水、グラノーラバー(私は原材料を観て食わなかったが)が供されていた。立派な業務用ビデオカメラとフォトグラファーも入っていた。

種目は
・ジョイントモビリティ
・ハードスタイルロック
・デッドリフト
・両手スウィング
・片手スウィング+DARCスウィング
・ターキッシュゲットアップ
というわけで、基本種目なわけだが、超ハードでした。

個人的にはなかなか広背筋をどう使うかわからない日々が続いているが、今日は広背筋に関する指導が多く、なんとなく分かってきたような気がする。ハードスタイルロック、デッドリフト、スウィング、TGU、全部広背筋が絡んできて、いかに重要な筋肉かを改めて認識。

肘の関係もあり、今までスウィングは尻ドライブだがトップを抑え込むようなことは今までしていなかったが、「これがハードスタイルか!」というわけで、このトップの抑え込みに広背筋を使ったりするわけで、自分は今まで肩が浮いていたものと思う。

個人的にTGUの前脚を折る前に体を一直線にして「こりゃコアに効くなぁ」と自己満足していて、先日タイケイさんのマニュアルを買ったら、TGUのスタイルがそれっぽく変わっていたので、「やるじゃん俺」とさらに自己満足していたわけだが、ぜんぜん違ってました。そりゃもう、広背筋使いまくりなわけで、私は今まで肩を浮かせまくっていましたので、お話になりません。

目から鱗がボロボロ落ちまくりました。

が、誤解のないように書いておきますと、松下タイケイさんやケン・ブラックから教わった時は初めてケトルベルに触ったようなもので、そういうレベルで吸収できることと、多少トレーニングしてから吸収できることは全然違うわけで、比べて云々という話ではないです。皆さん受け手に合わせて教えるコーチングスキルをお持ちで、その時の私のレベルにふさわしいことを教えてくださっているのだと思います。これだからワークショップは出なければいけない。DVDとか観て分かっているつもりと、実際の感覚を通して分かるのとは全く違う。

Chengさんとてもいい人でした。ちょっと雰囲気がタケノコさんに似ていなくもないです。Blackbeltという雑誌に彼の記事が掲載されているのですが、Workshop終了後そこにサイン+メッセージ入れて下さいました。KBにもサインしてもらって嬉し。12kgはNazoさんの金メダルにちなんでNazoという名前にしようと思いましたが、これはChengですね。

とにかくアイシングだ。




Hard Style Korea, RKC Cert Prep Workshop, Day 1

When I unpacked my stuff and was thinking I was going to greet Dr. Mark Cheng, RKC Team Leader, and Mr. Jon Engum, Senior RKC Instructor. Suddenly, someone called my name. It was the Dr. Cheng. Wow! and Mr. Eugum was there, too. I conveyed Taikei-san's regards to them, and Dr. Cheng mentioned Nazo-san.

Let's get down to the business.

Around 40 participant. I guess the half of them were trainers. Maybe 4 foreginers. 6 female participants surprised me.

The venue is a ball room in a fancy sport facility. The floor is finished with carpets, so we are asked to put off shoes. Except me and a interpreter (LOL), every one wore rich cushion shoes.

The English-Korean interpreter seemed no deep knowledge about fitness and sports, so not like workshops with overseas guests conducted by Taikei-san in Japan, it looks hard to deliver messages properly. In that sence, Japanese Kettlebell learners are very good position. Even feeling can be delivered.

The bells rent there were not my type. I was lucky to carry mine for just in case.

Some companies sponsered the event. Water and nuts bar were provided for free. A professional video cam and photographer were there.

- Joint Mobility
- Hard Style Lock
- Dead Lift
- Double-handed Swing
- Single-handed Swing + DARC Swing
- Turkish Get Up
Those are basics, but were really hard.

Personally, I have not been getting feeling how to use lats. Today, a lot of tips and instructions to engage lats. I think I am getting it. All items have something to do with lats.

Swing, TGU. My understanding on them was completely something else. I never even dreamed to summon the lats for Swings and TGU. Enlightened.

To avoid misunderstanding, let me mention something. When I got lesson from Taikei, Ken Black, JW, I was an absolut beginner. What one can absorb at their entry level and with some experience level are completely different. Excellent coaches deliver messages according to the levels of the learners. So we have to join a workshop. DVD may help us, but never teaches feelings.

Dr. Cheng is a real nice guy. I imagined 10-year-after Takenoko-san. He gave me a magazine "Blackbelt" where he is on an article as a gift. I got signature on it and my bell.

I was thinking to name my 12kg as Nazo for memory of her gold medal, but must do "Cheng".

Anyway, I need icing.
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

お疲れ様です。よかったですね。興奮伝ってきます。
当方も楽しい晩飯でした。
いいな~、でも
Orangeさん

> 当方も楽しい晩飯でした。
盛り上がらないはずのないトリオですね。一週間先ならば参加できたのですが残念です。

私もこの上ない時を過ごしてきたのでぜいたくは言えませんが。
4/5(Sun)午後に拙宅隣りの木場公園にて新型ケトルベルのフィールドテスト行います。馴染みの面々が騒ぎに参りますのでお時間ありましたらご参加下さい。飲食の持ち寄り以外は無料です。
タイケイさん
ありがとうございます!日曜に日本に行くのですが、飛行機が最終便となってしまい、今のままだと闇トレにしか参加できそうにありません。時間調整可能かトライしてみます。
プロフィール

Funky President

Author:Funky President
韓国在住1966生まれの日本人オヤジ
子供の頃運動が苦手でコンプレックスがありました。途切れ途切れながらちょぼちょぼ運動続けて今は歳からすると平均的な見た目と体力。50、60代でその歳からするとすげぇ、となるのが目標。継続は力なり!
スキーは結構うまい(JSA1級)。テニス、スノボ、ゴルフ、バスケットボールなど経験あり。
2007年秋からウェイトトレーニング、2008年夏からケトルベルを始めました。が、ケトルベルの前から肘を痛めており、悪化に伴い腕を使うトレーニングは10月から完全封印。11月末、よく調べたら肘の痛みは頸から来ているということが発覚。2009年2月頭より晴れてリハビリライトケトルベルトレーニング再開~!2009年10月、BIKE FRIDAY New World Tourist "Funky President 2009"号を入手。自転車も乗っています。...と、今度は右膝痛め、なんだかな...。落ち込まないためにトレンクルをオークションで落札ぅ!

Male, Born in 1966, Japanese living in Kerea.
Not good at sports in childhood, which caused inferiority complex. Keeping slight workout off and on, now average physical appearance and ability at my age. Trying to be excellent look and ability in 50s and 60s. "Persistence pays off. So don't give up. Just keep trying!"
Started resistance training in fall, 2007, and kettlebell in summer 2008. However, due to elbow pains which started before kettlebell, stopped any training using arm from Nov, 2008 to Jan, 2009. Now on rehab training with light KBs.
Good at ski (JSA 1st Grade), experianced in tennis, snowboard, golf, basketball, etc.
Got a BIKE FRIDAY's New World Tourist in Oct, 2009. Ride is fun. Now, suffering from knee pains in the right knee. To avoid getting into a negative mode, won a small bike in an auction! Yahoo!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Reps (?)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。