*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内側広筋をピンポイントで鍛える - その2
前回からの続き。

1998年の「リハビリテーション医学」に掲載された岡山大学の矢形幸久氏の「内側広筋優位の大腿四頭筋強化訓練に関する研究」という論文。最初梗概を見つけて少し検索したら全文のPDFがヒット!今回のネタはこれが書くきっかけだ。前回の正しいSLRとSETのやり方もこれを元に自分でやってみてのもの。

他の論文から総合し仮説として「大腿四頭筋等尺性収縮訓練を足部回外位で足底を接地し, さらに股内転筋の等尺性収縮と同期して行えば, 外側広筋に比べて内側広筋優位の筋力増大効果が期待できる」とし、下記の5つの運動を実験し、内側広筋の電位測定をしている。
1. 仰臥位で足関節自動背屈と同時に行う下肢伸展挙上(SLR).
2. 仰臥位で, 下肢を足関節部で固定して行う下肢伸展挙上の最大努力 (固定SLR).
3. 仰臥位で, 足関節自動背屈と同時に行う従来のセツテイング (SET).
4. 基本肢位の立位で, 足底を接地して行うセッティング (立位SET).
5. 足部回外位の立位足底接地で, 股内転の等尺性収縮と同期して行うセッティング。

実験結果と考察は複雑であるが、要は5.のやり方が一番内側広筋を鍛えられるよ、ということだ。

内側広筋を重点的に鍛えるためには:
・立って鍛える側の足を外側に向ける(膝の内側が前を向く)
・その状態で踵を支点にしながら膝を思い切り伸ばし、脚の筋肉を6~7秒緊張させアイソメトリック


もちろん、痛みがあるならやるべきではないし、医師やPTの指示のもとでやる方がいいでしょう。試す場合は自己責任で~。結論としては、仰臥位でなく、立位での運動となってしまったが。英語でちょっと探すとさらにかなり詳しいサイトが多いです。サブカル系以外は厚みが違うかな...。


ん、誤解を招きかねないかも。「要は5.のやり方が一番内側広筋を鍛えられるよ」と書いたが、相対的に内側広筋が鍛えられる、ということ。内側広筋への負荷が絶対的に高いというわけでないが、つづけていけば内側広筋が強くなり他に引けを取らなくなるよ、と。内側広筋の弱さが膝の不安定につながっているならば、内側広筋をより鍛えるべし。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

理学療法士?
わからない固有名詞がたくさん出てきて面食らいますが、
Funky Presidentさんは理学療法士の資格などをお持ちなんですか?

私は、学生時代に少林寺拳法をやって、経絡を少し学びましたが、
もう殆ど記憶にありません。
いえいえ
a-water さん

この何年傷害続きなのと、トレーニング関係で少々解剖学っぽいものに興味あり、でなんだか詳しくなってしまいました。そういえば弟はカイロプラクターです。

肉単、骨単、脳単、臓単という解剖学学生用の英単語解説本シリーズがありまして、何を血迷ったか5年ほど前に買いました。これが、病院で先生とコミュニケーションする時に超役立っています。図も多く、英語のページをめくると日本語が出てくるので。amazon で骨単は廃番になっていました。良書なのにもったいない。はいーパーテキストリンク駆使して iPad 版出せばいいのに。

それよりも、レビュー活躍されていますね!オススメレビューにも登場されていましたし。
いえいえ
レビューって、サイクルベース名無しのことですか?

ペダリングもメインテナンスもまともにできないド素人なので、生来のモノ好きだけを頼りに、しかも他人が書いていないものを取り上げているだけで。活躍とはほど遠いです。

そうそう。ペダリングとメインテナンス。これだけでも上手くなりたいです!
こんにちは
こんにちは。突然のコメントすみません。体を動かすことの大切さや楽しさを伝えようと「フィットネスの勧め」(で検索)というサイトを立ち上げています。ヨガ、エアロ、バレエ、ボクササイズなどのスタジオレッスンを始め、自重、ダンベル、バーベル、チューブなどの筋トレをイラストや動画を用いて解説しています。
 また、筋肉や骨についての解説も掲載しています。
よろしければ暇なときにでも見てください。
http://www.i-l-fitness-jp.com/
こんにちは
こんにちは。突然のコメントすみません。体を動かすことの大切さや楽しさを伝えようと「フィットネスの勧め」というサイトを立ち上げています。
内容は、ヨガ、エアロ、バレエ、ボクササイズなどのスタジオレッスンを始め、自重、ダンベル、バーベル、チューブ、バランスボールなどを用いた筋トレ、ストレッチポールやフレックスクッションをコンディショニング、またはバランスボールやバランスディスクを用いたバランストレーニングなどをイラストや動画を用いて解説しています。
 また、「身体に関して」の項を設け、筋肉、骨、靭帯、神経、循環器系などについての解説も掲載しています。
よろしければ暇なときにでも見てください。
http://www.i-l-fitness-jp.com/
このようなコメント、失礼に感じたら大変申し訳なく思います。
※重複してコメントしないように注意していますが、もし重複してコメントしているようであれば、その時はその失礼お許しください。
プロフィール

Funky President

Author:Funky President
韓国在住1966生まれの日本人オヤジ
子供の頃運動が苦手でコンプレックスがありました。途切れ途切れながらちょぼちょぼ運動続けて今は歳からすると平均的な見た目と体力。50、60代でその歳からするとすげぇ、となるのが目標。継続は力なり!
スキーは結構うまい(JSA1級)。テニス、スノボ、ゴルフ、バスケットボールなど経験あり。
2007年秋からウェイトトレーニング、2008年夏からケトルベルを始めました。が、ケトルベルの前から肘を痛めており、悪化に伴い腕を使うトレーニングは10月から完全封印。11月末、よく調べたら肘の痛みは頸から来ているということが発覚。2009年2月頭より晴れてリハビリライトケトルベルトレーニング再開~!2009年10月、BIKE FRIDAY New World Tourist "Funky President 2009"号を入手。自転車も乗っています。...と、今度は右膝痛め、なんだかな...。落ち込まないためにトレンクルをオークションで落札ぅ!

Male, Born in 1966, Japanese living in Kerea.
Not good at sports in childhood, which caused inferiority complex. Keeping slight workout off and on, now average physical appearance and ability at my age. Trying to be excellent look and ability in 50s and 60s. "Persistence pays off. So don't give up. Just keep trying!"
Started resistance training in fall, 2007, and kettlebell in summer 2008. However, due to elbow pains which started before kettlebell, stopped any training using arm from Nov, 2008 to Jan, 2009. Now on rehab training with light KBs.
Good at ski (JSA 1st Grade), experianced in tennis, snowboard, golf, basketball, etc.
Got a BIKE FRIDAY's New World Tourist in Oct, 2009. Ride is fun. Now, suffering from knee pains in the right knee. To avoid getting into a negative mode, won a small bike in an auction! Yahoo!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Reps (?)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。